鈴木喬雄『診断・国語辞典』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

鈴木喬雄『診断・国語辞典』

鈴木喬雄

『診断・国語辞典

日本評論社

1985年5月30日 第1版第1刷発行

ISBN:4535575525

はじめに

序論

 国語辞典はこれでよいか

   ──その驚くべき欠陥と不親切──

 広辞苑第三版を読んで

 私の国語辞典批判序曲

第一部 国語辞典検討シリーズ

  はじめに

  一 尊敬と尊重

  二 以上と以下

  三 品格・品位・品・気品

  四 経営と情報

  五 国語辞典の二つの機能

      ──文章を読むためと文章を書くためと──

  六 言葉は変わらない

  七 呼ぶ・買う・招く

  八 おかしな説明

  九 小よく大を制す

  一〇 私のスクラップ帳から

第二部 シリーズ・ことば辞書

  ことばとからだ

    ──日本語形成における身体各部の役割

  事務ということば

  目に青葉山ほととぎす初鰹

    ──名句や格言は正しく伝えよう

  〈個性の説明〉にみる国語辞典の個性

日本語形成における的・性・化の役割

三について考えるーその合理と神秘-

いやな言葉・きらいな言葉

日本語は乱れているか 

ことば辞書

辞書の付録

社会という語

余白の美と効用

三つの提言

日本語の中の外国語

  iその読み方書き方に関する疑問と提言-

同友会の国語問題に関する提言と調査

物知らず

ことばの相性

  ことばにおけるミクロとマクロ

    ──新しい国語辞典像を求めて

第三部ことば通信

  辞書にみる人間の心

  漢字雑考

  表の用例・裏の用例

  私の辞書散歩(一)

    ──異色辞典例解国語を散歩しませんか

  私の辞書散歩(二)

    ──新旧二つの辞書の引き比べ──

  なぜ国語辞典

    ──いちど書いておきたかったこと──

  例解新国語辞典を読む

  続・例解新国語辞典を読む

  国語辞典の条件

国語辞典になかった言葉

個人差という言葉について

あとがき

索引

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。