鈴木博『室町時代語論考』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

鈴木博『室町時代語論考』

鈴木博(一九八四)『室町時代語論考清文堂出版

 序                       土井忠生先生


第一部 語誌

一 「カガシ」の語源

二 狂言用語「ガゴウジ」の語源は「元興寺」にあらず

三 京言葉「ハンナリト」の誕生

四 オ段長音開合からの考察

 (一) アイソウ(愛崇・愛想)

 (二) ヒナタボッコウ

 (三) ボウ/\ト

五 抄物語彙

 (一) ベンタウ(便当・弁当)

 (二) 副詞「ナック」

 (三) ミチレナイ

 (四) ヤマスル

 (五) ウラ思イ・猶豫

 (六) 動詞「コク」


第二部 抄物各種 資料性言語

  六 抄物概説

   付「長者」の清濁

  七「蒙求抄」の先抄本

   (一) セイジ(世事)

   (二) セド京上

   (三) フルシイ

   (四) ギャウドウの下入

  八「大成和抄』

   (一)諸本

   (二) 四字ヲ名詮悪シト云

   (三) ウッタウシイ

   (四) サウカウ(草合・草冠)

   (五) ネマル

  九 「四河入海』の二写本の比較

 一〇 「三体詩抄』諸本概観

 一一 叡山文庫蔵の「錦繍段抄

   付説1 「周易抄」の「ダ」

   付説2 「ヒサゴ」と「ヒシャク」

 一二 『長恨歌抄」に見る宣賢の講解態度

   (一) 「瓦」の解

   (二) 梨から桃李へ

 一三 「玉塵」の二写本の関係瞥見

   補説 「七書」の読み

 一四 医学抄物二、三

     -一栢・道器・玄朔-


第三部 音韻文法

 一五 オ段音に後続する「ほ」の長音化過程

     ――抄物キリシタン資料における――

 一六 中世国語におけるバ行音マ行音との交替

 一七 ロドリゲス日本大文典」の関東方言の条の解し方


第四部 国語史的立場から中世のなぞなぞを解く

 一八 中世の謎についての国語学的考察

 一九 『日本書紀抄』のハ行音記述

     -永正のなぞ「母には二たび」の解きへの支証

 二〇 中世の謎々を解く

  (一) 『月庵酔醒記」の「なにそ」

  (二) 「あたうかたり」

  (三) 香川大学蔵「謎立」から

  (四) 宸筆本「なぞだて』から

    参考文献

 二一 永正のなぞ「一こってう」私解

  付「一里ほほうさいやれ」続貂


あとがき

  本書所収論稿の原題と初出年時一覧

索引

  i 語句索引

  ii 事項索引

本書所収論稿の原題と初出年時一覧

第一部

 一 語源追求の方法ーカガシの場合ー 「国語国文」51巻10号 昭和五十七年十月

   教科書断想ーカガシ・七ー 「図書館だより・きょういく」(滋賀大学附属図書館教育学部分館)PART II 30号 昭和五十八年二月(∴本書では後半を省略)

 ニ ガゴウジ元興寺説を否定する 「国文学攷」80号 昭和五十三年十二月

 三 「はんなりと」小考 「滋賀大国文」9号 昭和四十七年一月

 四 オ段長音開合存疑例――アイソウ・ヒナタボッコウ・ポウ/\ト 「国語史への道 上 土井先生頌寿記念論文集』(三省堂)昭和五十六年六月

 五 抄物語彙考 「国文学攷」21号(特集・中世国語学) 昭和三十四年七月(∴「ベンタウ」「ナック」「ミチレナイ」「ゴクシン」「ヤスマル」の中、本書

   では「ゴクシン」を省く)

   抄物語彙雑考 「国文学攷」23号(土井忠生先生還麿記念特集)昭和三十五年五月(∴「ウラヲモイ・猶豫」「コク」「ギセイ」の中、本書では「ギセ

   イ」を省く)


第二部

 六 しょうもの抄物 『国民百科事典』7巻(平凡社)昭和五十二年九月

 七 蒙求抄の先抄本の用語についての小考ーセイジ・セド京上・フルシイ・ギャウドウの下入ー 「滋賀大国文」19号 昭和五十六年十月

   (∴鳥居裕契氏と連名)

 八 『大成和抄』のことばー諸本・四字ヲ名詮悪シト云・ウッタウシイ・サウカウ・ネマルー 「滋賀大国文」22号 昭和五十九年六月

 九 四河入海についてー東福寺所蔵本と両足院所蔵本との比較小見ー「国語国文」35巻5号(遠藤嘉基博士還暦記念国語学特輯第一)昭和四十一年五月

一〇 室町時代における漢籍講解の研究-特に三体持抄諸本についてー「第十七回 事業報告書 昭和五十四年度」(三島海雲記念財団)昭和五十五年十一月

一一 叡山文庫蔵の錦繍段抄について 「国文学攷」66号 昭和五十年三月

一二 長恨歌抄について――宣賢の講解態度―― 「国語国文」46巻4号(浜田敦教授退官記念国語学特輯第一)昭和五十二年四月

一三『玉塵』についてー叡山本は果たして国会本(系)からの転写本か?――「国文学攷」72・73合併号(中世語特集)昭和五十一年十二月

一四 医学抄物二三―一栢.道器.玄朔ー 「国語国文」45巻6号 昭和五十一年六月


第三部

一五 オ段音に後続する「ほ」の長音化過程ー抄物.キリシタン物におけるi 「国文学攷」28号(斎藤清衞先生古稀記念特集)昭和三十七年五月

   (∴浜崎賢太郎氏と連名)

一六 中世国語におけるバ行音マ行音との交替「昭和三十三年研究会誌」(京都市立高等学校国語研究会)創刊号 昭和三十四年三月

一七 ロドリゲス日本大文典関東方言の条に関して 「国語学」45集 昭和三十六年六月


第四部

一八 中世の謎について一国語学的考察のもとにー 「仏教大学研究紀要」52号 昭和四十三年三月

一九 日本書紀抄ハ行音記述-永正のなぞだて「母には二たび」の解きへの支証―― 「国語国文」47巻9号 昭和五十三年九月

二〇 中世の謎々を解く 「滋賀大学教育学部紀要」29号 昭和五十五年三月

二一 一こつてうー永正十三年「なぞだて」私解ー 「滋賀大国文」12号 昭和四十九年十一月

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。