鈴木俊幸『江戸の読書熱』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

鈴木俊幸『江戸の読書熱』

鈴木俊幸

平凡社選書227

――自学する読者書籍流通

2007年2月22日 初版第1刷発行

江戸の読書熱―自学する読者と書籍流通 (平凡社選書 227)

江戸の読書熱―自学する読者と書籍流通 (平凡社選書 227)


はじめに  近世読者成立

第一章 明日の見物  新しい読者蔦重・泉市

 1 理屈臭き黄表紙蔦屋重三郎  17

 2 『膝栗毛』の世紀  34

 3 往来物の流通網  和泉屋市兵衛の戦略

 4


第二章 地方の本屋さん  信州松本書肆高美屋甚左衛門を中心に

 1 書肆高美屋の創業  73

 2 松本の読者たちと書籍流通  79

 3 高美屋甚左衛門の事業展開  12

 4 信濃における本屋の叢生  25


第三章 『経典余師』というモデル

 1 四書ヲ平ガナニてざつと解申候

 2 数珠連なりのベストセラー

 3 「余師」の時代  


第四章 自学の時代書籍需要

 1 「経典余師」スタイルの背景

 2 さまざまな「余師」たちと高井蘭山  天保末まで

 3 初学者のためのしなじな 天保末以後

 4 草紙書物寺子屋私塾


あとがき  

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。