金田一春彦『話し言葉の技術』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

金田一春彦『話し言葉の技術』

金田一春彦

#言語作法

講談社学術文庫123

昭和52.3.10

昭和54.12.15 11刷

話し言葉の技術 (講談社学術文庫 123)

話し言葉の技術 (講談社学術文庫 123)

序 昭和30.10.17

学術文庫版の序 昭和51.11.23

総論

 言語技術とは

  きまりと技術

  言語記号

  言語行動

  言語技術の種類

 言語技術の目標

  言語行動の効果

  よくない効果と犧牲

  すぐれた言語技術

 言語技術の重要性

  言語生活言語技術

  言語技術言語研究

各論

 話すとは?

  話の成立条件

  話の性格

  話の分類

 話題の吟味

  話題の分類

  話題の選択

 文脈の構成

  話題相互の関係

  話題配列

 表現の工夫(その一)

  語句を選ぶ基準

  わかりやすい表現

  おもしろい表現

  快い感じを与える表現

  力強い表現

 表現の工夫(その一)

  装飾音声

  表情音などの挿入

  身ぶりの加えかた

  ポーズの置きかた

  声量テンポの変化

結び

解説 平井昌夫

引用文献一覧

金田一春彦「コトバの旋律」?

金田一春彦「言語技術の研究」?

(一部)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。