金田一春彦『日本人の言語表現』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

金田一春彦『日本人の言語表現』

金田一春彦 講談社現代新書410、

昭和五〇年一〇月二〇日第一刷発行

口上

1 言うな、語るな

 l くちなしの名花 13

 2 今さら断り申さぬなり 16

 3 世の中は左様然らば 18

 4 話はヘタな方が 21

2 つとめて短く

 l 一声千両一字千金

 2 一言で知る人の心

 3 長編物は苦手 32

 4 衰えぬ和歌俳句

 5 どうもどうも 38

 6 おれはウナギだ 41

 7 多い約束事 44

 8 山路を分けて清見潟 46

3 日本人言葉をこう見る

 l 言葉がこわい 50

 2 御名御璽とは54

 3 問われて名乗るもおこがましいが 57

 4 天皇だけは別格 60

 5 相撲の神様・野球の神様 63

 6 バカが最低の悪口とは66

 7 相当なもんじゃ 71

 8 いずれ相談いたしまして 74

 9 一旦約束したからには 

4 日本人も話好き 81

 1 話に花が咲く8 

 2 話題の狭さ 7 

 3 井戸端会議 89

 4 私小説の基盤 82

 5 身の上話は楽し 9

 6 当意即妙     

 7 物に寄せて思いを陳ぷ

5 話すべし、書くベし

 l 長いもの・あいさつ

 2 どちらへおでかけで

 3 手本は二宮金次郎

 4 聞くも涙、かたるも涙の物語

 5 何事も教えの道

 6 いわく因縁故事来歴17

6 日本人の論理と規範

 1 討論に弱い英雄2

 2 論理にならない論理1

 3 逢いに来たのに   

 4 男が立たぬ     

 5 たよるベきは先例  

 6 シヨーペンハウエル わく

 7 非合理まかり通る    

7 なるべく穏やかに

 l なんでも賛成です

 2 ちがってもハイ 4

 3 顔で笑って心で泣いて 14

 4 自慢高慢バカのうち 

 5 みんなわたしが悪いんです

 6 あやまりさえすれば 

 7 眼目は最後に 

 8 はじめは処女のごとく 6

81間接表現を喜ぷ

 l こちらは田中ですけれども 

 2 山鳥の尾のしだり尾の 

 3 とか言っちゃって 1

 4 もってまわった言いまわし 

 5 ポケットヘ入りますか

 6 服装で人を描く 1

 7 田植えをして立ち去る柳 

9ー難解表現をいとわぬ

 I 論語よみの論語知らず 

 2 わからぬところがありがたく 9

 3 いやだわ 

 4 なにがなにしてなんとやら 0

 5 おお、忠臣の墓石よ 04

 6 あちらヘプラリ、こちらヘブラリ

10 勘にたよって

 I なんでもわかってしまう

 2 無言の了解     

 3 間の芸術      

 4 お母さんによろしく 

 5 イエスマン アジア人

11 こだわりは水に

 1 消極的なポーズ

 2 テレ隠しの技術 

 3 英訳不可能語彙

 4 のびのびと話そう

あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。