金田一春彦「連濁の解」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

金田一春彦「連濁の解」

金田一春彦1976連濁の 解」「Sophia Linguistica」2

金田一春彦『日本語音韻音調史の研究』pp.334-368

金田一春彦著作集第六巻』isbn:4472014769所収

アメリカの銀行の窓口で――問題のありか

天下は昔はテンガ――ロドリゲス連濁

音が下降したあとは清む――石原正明連濁

柴田錬三郎とは変った読み方――ライマンの連濁

漢字音には連濁が少い――ライマンの連濁

「切り通す」と「切り通し」――ライマンの連濁

「ひとびと」とクルクルのちがい――ライマンの連濁

シンヂューとシンチュー――奥村三雄連濁

「人買い」と「仲買い」――奥村三雄連濁

連濁は語の区別のために起るか――中川芳雄連濁

法則的でない連濁の例――中川芳雄連濁

重要なのはその歴史的な研究――結びとして

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。