金田一京助『日本の敬語』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

金田一京助『日本の敬語』

角川新書139

金田一京助

昭和34.6.30

例言

第一章 序説

 英語日本語

 日本の敬語文法

 日本の敬語は相対性敬語

 敬語の起原と階級

 敬語の起原とタブーう」

 アイヌの妻女

 アイヌの婦人語と敬語

 アイヌ代名詞構造

 日本代名詞構造

 名詞敬称

 結論

第二章 起原――どうして日本の敬語が起ったか

 原日本語敬語

 上代日本語敬語法

 上代日本語の謙称動詞?

第三章 変遷――奈良から平安への敬語のずれ

 上代敬語と古代敬語の対比

 平安時代敬語助動詞の起原

 奈良・平安の相違

 万葉語における「頂戴す」について

 「見《め》す」の忘却

 「せす」のまちがい

 御立為之の誤訓?

 物語文学敬語

 後代の敬語

第四章 現代の敬語――どうあり、どうなるべきものか

 序論

 名詞代名詞

 動詞

 地方別

 現代敬語の無軌道さについて

第五章 結論

 敬語の届かない名歌

 歌から見た敬語本質

 結びの言葉

附録「これからの敬語

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。