金水敏編『役割語研究の展開』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

金水敏編『役割語研究の展開』

金水敏

役割語

くろしお出版

2011.6.8

役割語研究の展開

役割語研究の展開

導入 金水敏


第1部 キャラクタをめぐって

 第1章 現代日本語役割語発話キャラクタ  金水敏

 第2章 キャラクタ文法をどこまで変えるか?  定延利之

 第3章 役割語のエコロジー ―他人キャラコンテクストの関係―  山口治彦


第2部 教育役割語

 第4章 韓国教科書における役割語の役割 ―「生きた日本語」を教えるバーチャルリアリティ―  恩塚千代

 第5章 役割語主題とした日韓翻訳の実践 ―課題遂行型の翻訳活動を通しての気づきとスキル向上―  鄭惠先


第3部 外国語役割語

 第6章 ウサイン・ボルトの“ I ”は、なぜ「オレ」と訳されるのか ―スポーツ放送の「役割語」―  太田眞希恵

 第7章 要素に注目した役割語対照研究 ―「キャラ語尾」は通言語的なりうるか―  金田純平

 第8章 コミック翻訳を通じた役割語の創造 ―ドイツ語史研究の視点から―  細川裕史


第4部 さまざまな役割語

 第9章 『風の谷のナウシカ』と役割語 ―映像翻訳論覚書―  米井力也

 第10章 「沖縄人《ウチナーンチュ》」表象と役割語語尾表現「さ」(「さぁ」)から考える―  本浜秀彦

 第11章 役割語としての「幼児語」とその周辺  岡崎友子・南侑里

 第12章 役割語としての片言日本語西洋人キャラクタを中心に―  依田恵美

 第13章 大阪大学卒業論文より(20022010)  金水敏・田中さつき・小島千佳・津田としみ・仲川有香里・中野直也・三好敏子・東雅人・伊藤怜奈(岩田美穂藤本真理子要約


第5部 ツンデレをめぐって

 第14章 役割語としてのツンデレ表現 ―「常用性」の有無に着目して―  西田隆政

 第15章 ツンデレ属性における言語表現の特徴 ―ツンデレ表現ケーススタディ―  冨樫純一

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。