金水敏「日本語の将来を考える視点

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

金水敏「日本語の将来を考える視点

金水敏

日本語の将来を考える視点―「言語資源論」の観点から―」

https://www.jstage.jst.go.jp/article/tits/16/5/16_5_5_95/_article/-char/ja/

はじめに

コストとベネフィット

音声言語書記言語

階層的言語観

バイリンガルについて

日本語が亡びるとき

さいごに


井上史雄『日本語の値段』大修館書店2000

金水敏「言と文の日本語史」文学』8-6、岩波書店2007

金水敏乾善彦渋谷勝己『日本語史のインタフェース』岩波書店2008

クルマス、フロリアン(諏訪功ほか訳)『ことばの経済学』大修館書店(1993)

滝浦真人『ポライトネス入門』研究社2008

中村桃子『〈性〉と日本語NHKブックス2007

水村美苗『日本語が亡びるとき英語の世紀の中で―』筑摩書房2008

Pinker, S. The Language Instinct. New York: William Morrow and Company.(椋田直子訳1995『言語を生みだす本能(上・下)』日本放送協会)(1994)

Brown, P. & Levinson, S. Politeness: Some Universals in Language Usage, Cambridge University Press, Cambridg (1987)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。