金水敏「受動文の固有・非固有性について」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

金水敏「受動文の固有・非固有性について」

金水敏

1993

受動文の 固有・非固有性について」

『近代語研究』9

473-508

武蔵野書院



はじめに

二 受動文の諸類型と固有・非固有性

三 研究史整理

三・  山田孝雄

 三・二 松下大三郎

 三・三 生成文法

  三・三・一 非同一構造仮説対同一構造仮説

  三・三・二 原田信一

  三・三・三 非同一構造仮説の問題点

  三・三・四 久野暲

 三・四 三上章

 三・五 井上和子寺村秀夫

 三・六 黒田成幸

 三・七 益岡隆志

四 結論

 四・一 固有・非固有性のまとめ

 四・二 固有の受動文

 四・三 非固有の受動文

 四・四 移動か否か

 四・五 項か付加詞(修飾語)か

 四・六 固有の非情の受身

五 問題点

参考文献

井島正博 一九八八受身文の多層的分析」『防衛大学校紀要』第五七輯

井上和子 一九七六変形文法と日本語 上』大修館書店

金水敏 一九九一受動文の歴史についての一考察『国語学』姻集

金水敏 一九九二「欧文翻訳と受動文?」『文化言語学の建設』(仮題)三省堂

久野暲 一九八三新日本文法研究大修館書店

久野暲 一九八六「受身文の意味?―黒田説の再批判―」『日本語学』第5巻第2号

黒田成幸 一九八五「受身についての久野説を改釈する?―一つの反批判―」『日本語学』第4巻第10号

寺村秀夫 一九八二日本語のシンタクスと意味 I』くろしお出版

原田信一 一九七四「中古語受身文についての一考察?」『季刊文学・語学』七四号

益岡隆志 一九八七命題の文法日本語文法序説』くろしお出版

松下大三郎一九三〇標準日本口語法中文館書店

三上章 一九五三現代語法序説 シンタクスの試み』刀江書院

山田孝雄 一九〇八日本文法論宝文館

(欧文略)

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。