金子彰「鎌倉時代の女性仮名文書の漢語の表記について」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

金子彰「鎌倉時代の女性仮名文書の漢語の表記について」

金子彰

2005

築島裕博士傘寿記念国語学論集


     一 はじめに

     二 女性書状漢語表記

     三 男性書状漢語表記

     四 漢語表記

金子彰平安鎌倉時代仮名書状について――漢語とその表記視点として――」(『築島裕博士古稀記念国語学論集』汲古書院一九九五年一〇月)

金子彰「男女差と表記差――鎌倉時代の一夫婦の漢語表記視点として――」(『文化言語学 その提言と建設』三省堂一九九二年一一月)

金子彰親鸞聖人遺文の表記研究(1)――直筆書簡に於ける語の漢字表記を主として――」(『新潟大学教育学部長岡分校研究紀要25』、一九八〇年三月)

金子彰親鸞聖人遺文の表記研究(2)――直筆直筆書簡親鸞法然書簡法然直筆書簡との比較を通して見た語の漢字表記について――」(『新潟大学教育学部附属長岡校園研究紀要 教育論考第25号』、一九八五年五月)

平安仮名書状集』、汲古書院 一九九二

『平安時代仮名書状の研究』風間書房一九六八

恵信尼文書法蔵館一九七八年

法然上人真蹟集成』法蔵館一九七四

親鸞聖人真蹟集成』第五・六巻、法蔵館一九七三

親鸞聖人真跡集成』第四巻、法蔵館一九七四

鎌倉遺文』全四二巻、東京堂出版

大日本古文書 高野山文書六』東京大学出版会一九七九

金子彰東京女子大学日本文学科学生有志「藤原為房妻仮名書語彙総索引稿」(『東京女子大学日本文学』第87号、一九九七年三月)

金子彰伊藤守恵信尼書簡総索引稿(上)(下)」(『新潟大学教育学部研究紀要』第27巻第1・2号、一九八五年一一月、一九八六年三月)

金子彰東京女子大学日本文学科学生有志「阿弖河荘上村百姓等言上状・阿弖河荘上村地頭宗親書状語彙総索引稿」(『東京女子大学日本文学』第99号、二〇〇三年三月)

金子彰法然上人直筆起請文・仮名書総索引稿」(『新大国語』第12号、一九八六年三月)

小林芳規平安時代の平仮名文の表記様式(1・2)――語の漢字表記を主として――」(『国語学』四四・四五、一九六一年三月・六月)

沼本克明『日本漢字音の歴史』(東京堂出版一九八六年六月)

柏谷嘉弘『日本漢語の系譜』(東苑社、一九八七年)

西端幸雄漢語位相(上)」(『滋賀大国文』一二、一九七三年)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。