野村雅昭「口語資料としての明治期落語速記」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

野村雅昭「口語資料としての明治期落語速記」

野村雅昭

http://ci.nii.ac.jp/naid/120000792553

落語速記 話しことば 東京語 『百花園』

1 東京語研究と落語速記

2 円朝口演速記評価

3 『百花園』調査の概要

3.1 調査の目的

4.漢語副詞形態意味との関係

5.まとめ

  参考文献

市川孝 1976  副用語,『岩波講座日本語β文法1』,岩波書店

北原保雄 1975 修飾成分の種類,『国語学』103集

国立国語研究所 1991 『日本語教育指導参考書19・副詞意味用法』,秀英出版

鈴木泰1983 漢語ナリ活用形容動詞の史的性格について,『副用語の研究』,渡迦 実 編,明治書院

橘豊 1973 連体詞副詞と他品詞との関係,『品詞別日本文法講座5 連体詞副詞』,明治書院

中右実 1980副詞の比較,『日英語比較講座第2巻 文法』,国広哲弥 編,大修館

仁田義雄 1983 動詞に係る副詞的修飾成分の諸相,『日本語学』2-10

野村雅昭 1998 現代漢語の品詞性,『東京大学国語研究室創設百周年記念国語研究論集』,汲古書院

前田富祺 1983a 漢語副詞の種々相,『副用語の研究』,渡辺実 編,明治書院

    1983b 漢語副詞の変遷,『国語語彙史の研究』4,国語語彙史研究会 編,和泉書院

松井栄一 1977 近代口語文における程度副詞の消長―程度の甚だしさを表す場合―,『松村明教授還暦記念 国語学と国語学史』,明治書院

水谷静夫 1951 形容動詞辨,『国語と国文学』28-5

宮地裕 1973 現代漢語の語基について,『大阪大学 語文』31

森岡健二 1994日本文法体系論』,明治書院

山田孝雄 1940 『国語の中に於ける漢語の研究』,宝文館

渡辺実 1971国語構文論』,塙書房

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。