野口武彦『近代小説の言語空間』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

野口武彦『近代小説の言語空間』

野口武彦近代小説言語空間』

一九八五年一二月一六日 第一刷発行

福武書店

近代小説の言語空間

近代小説の言語空間

昭和五十九年と今年六十年にわたって『海燕』誌に連載したもの」

「問題意識としては去る昭和五十五年中央公論社から刊行した『小説の日本語』(全集「日本語の世界」第十三巻)と連続している。

近代地の文」の成立――二葉亭四迷小説話法 7

淋しがり屋の悪魔  斎藤緑雨とその「文体」 34

魂の水中回廊  泉鏡花の『山海評判記』65

鼻と自意識  芥川龍之介のスティリスティク 97

『小僧の神様』と「小説の神様」――志賀直哉のストーリイ・テリング

宝としての物神――谷崎潤一郎の「通俗小説」 

はじめに判決ありき――三島由紀夫と刑事訴訟法

 あとがき 

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。