遠藤邦基『国語表記と音韻現象』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

遠藤邦基『国語表記と音韻現象』

新典社

1989

遠藤邦基国語表記音韻現象

第一章 清音濁音の史的対応

 清濁対応と掛詞技法

 上代濁音音価推定

 中古濁音音価推定

 中世末期の濁音音価

 濁音減価の派生意識


第二章 音韻現象と掛詞修辞

 ハ行音価と掛詞修辞

 四つ仮名と掛詞修辞

 音便形式と掛詞修辞


第三章 音節構造文字表記

 音節構造和歌表記

 古代国語母音連続

 ゼロ表記の史的解釈

 促音表記の史的検証


第四章 読癖注記と史的解釈

 ハ行転呼読癖注記

 古今読癖濁音解釈

 読癖声点の史的機能

 源氏畳語連濁読癖


第五章 読癖注記と表記体系

 バ行マ行の併存形式

 中間音的な発音注記

 近世読癖の史的実態

 読癖表記振漢字

所収論文 初出一覧

あとがき

索引

     第一章 清音濁音の史的対応

清濁対応と掛詞技法

 類音としてみたる清・濁の関係――掛け詞を手がかりにして――           『王朝』第七冊 昭和四九年九月

上代濁音音価推定

 非連濁の法則の消長とその意味――濁子音鼻音との関係から――    『國語國文』五〇巻三号 昭和五六年三月

中古濁音音価推定

 去声点濁音――院政期の濁音の性格を知る手がかりとして――        『國語國文』四三巻三号 昭和四九年三月

中世末期の濁音音価

 キリシタン資料表記面からみた二面性――濁音の前の鼻音表記から――  『岐阜大学国語国文学』七号 昭和四六年二月

濁音減価の派生意識

 濁音減価意識――晤頭の清濁を異にする二重語を対象に――          『國語國文』四六巻四号 昭和五二年四月


     第二章 音韻現象と掛詞修辞

ハ行音価と掛詞修辞

 音韻資料としての掛け訶――ハ行音とその周辺を中心に――             『王朝』第五冊 昭和四七年五月

四つ仮名と掛詞修辞

 仮名遣を異にする掛け詞――四つがな世界――             『國語國文』四一巻六号 昭和四七年六月

音便形式と掛詞修辞

 連母音(ao)表記の一解釈――深草の掛け詞から――      『谷山茂教授退職記念国語国文学論集塙書房 昭和四七年一一月


     第三章 音節構造文字表記

音節構造和歌表記

 平安時代和歌ハ行転呼音――「泡《アワ》」を「あは」と表記することの意味――

                               『叙説』(奈良女子大)一三号 昭和六一年一〇月

古代国語母音連続

 古代語連母音――音節構造の立場から――                   『王朝』第九冊 昭和五一年六月

ゼロ表記の史的解釈

 古代語音節構造の性格――ゼロ表記意味を中心に――        『岐阜大学国語国文学』一〇号 昭和四九年三月

促音表記の史的検証

 促音表記固定の背景――なぜ「ツ」が用いられるようになったか――    『岐阜大学国語国文学』一一号 昭和五〇年二月


     第四章 読癖注記と史的解釈

ハ行転呼読癖注記

 「読癖」注記に対する一解釈ハ行転呼音に関してー             『叙説』五号 昭和五五年一〇月

古今読癖濁音解釈        「古今訓点抄」の濁音――「読み癖」の解釈を通して――       『奈良女子大学研究年報』二五号 昭和五七年三月

読癖声点の史的機能

 「古今訓点抄」の声点――その機能について――                 「叙説』七号 昭和五七年一〇月

源氏畳語連濁読癖

 「よみくせ」と連濁1「源氏清濁」の畳語を中心に1          「国語語彙史の研究』五 昭和五九年五月


     第五章 読癖注記と表記体系

マ行バ行の併存形式

 バ行マ行の「よみくせ」――発音から仮名つかいの問題へ――       「同志社國文学』二四号 昭和五九年三月

中間音的な発音注記

 みトモびトモ聞えぬやうに読む――中間的読みの注記とその意味――         『叙説』一五号 昭和六三年一〇月

                                近世読癖の史的実態

 近世初期の物語の「読み癖」――当代的「よみ」の注記を対象に――         『叙説』九号 昭和五九年一〇月

読癖表記振漢字

 振漢字による一種のアクセント表示法――江戸初期堂上系聞書類を中心に――  『國語國文』五六巻七号 昭和六二年七月

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。