送り仮名

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

送り仮名

送假名 國語學解説漢字假名とも混へて文を書く時、漢字で書いた語の讀み方を明かにする爲めに下に添へて書く仮名をいふ。「靜かに」「思はず」「殆ど」「担い」など、これは仮名として特別の文字なく、漢字萬葉假名として用ひた時からあつたもので、宣命

 上下乎齊倍和気弖无動久静加爾令有爾波

の如きその例である。送假名は、概して誤読せず読み易いやうに附けるもので、活用語尾や、一語の絡びわ音を示すのであるが、古くはあまり附けない方が多く、また、時としては附け、時としては附けないといふやうに、定まりの無いのが常であつた。さうして今日に至るまで、實際、人により場合により、まだ統一せられてゐない。しかし明治以後、これを統一する目的で、その原則を定めたものがある。これを送假名法(別項)といふ。〔橋本〕

新潮日本文学大辞典 橋本進吉

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/27024968.html

国史大辞典 築島裕

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。