近藤泰弘『日本語記述文法の理論』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

近藤泰弘『日本語記述文法の理論』

近藤泰弘(2000) ひつじ書房

日本語記述文法の理論 (ひつじ研究叢書 (言語編第19巻))

日本語記述文法の理論 (ひつじ研究叢書 (言語編第19巻))

本書は日本語記述文法はどのようなものであるべきかについて考察したものである。

1特定の言語理論になるべく依拠しないものであること

2日本における伝統的な文法体系と大きく相違しないこと

3各種言語の伝統文法と比較して大きな違和感のないものであること

4古典語現代語の両方にほぼそのまま適用できるものであること

5日本語の実際の用例から帰納されるものであること

6日本語言語学習(母語話者にもそうでない者にも)に直接に役にたつものであること

目次

まえがき

凡例

第1部 総論

 第1章 日本語記述文法

  1.1 日本語記述文法のあり方

   1.1.1 記述文法編集態度

   1.1.2 日本語記述文法の外的要件

   1.1.3 日本語文法記述の内的要件

   1.1.4 日本語記述文法の目標

  1.2 日本語文法の歴史

   1.2.1 国文法と呼ばれたもの

   1.2.2 国文法.日本語文法の歴史

   1.2.3 従来までの日本語記述文法体系の特徴と源泉

   1.2.4 日本語文法の今後の課題


第2部 方法論

 第2章 コンピュータを使った文法研究

  2.1 はじめに

   2.1.1 コンピュータの発達

   2.1.2 コンピユータの利用方法

   2.1.3 テキストデータベースの作成

   2.1.4 形態素解析

   2.1.5 単語.語句の検索と文法研究

   2.1.6 形態素解析によらない処理方法

   2.1.7 ハイパーテキストとしての文法記述とマークアップ

  2.2 大量言語データを利用した研究法

   2.2.1 データの扱い方

   2.2.2 副助詞相互承接を例として

   2.2.3 「さえ」の分布

   2.2.4 下位の格助詞の問題

   2.2.5 副助詞格助詞との相互承接の差

  2.3 古典文法研究における〈検索〉の問題について

   2.3.1 問題のありか

   2.3.2 検索とテキストのあり方

   2.3.3 検索の実現手段

   2.3.4 テキスト整備の方法

   2.3.5 文法研究に適した検索手段とテキスト


 第3章 歴史的変化を考慮した研究方法について

  3.1 文法研究における現代語古典語

   3.1.1 現代日本語古典語との関係

   3.1.2 第二種関係節

   3.1.3 古典語の第二種関係節

   3.1.4 対照研究としての古典語.現代語構文研究

  3.2 平安初期文法体系

   3.2.1 平安時代初期の言語資料

   3.2.2 『仁明天皇四十宝算賀興福寺大法師等長歌』の本文的性格

   3.2.3 『興福寺大法師等長歌』の言語的特徴

   3.2.4 奈良時代語的性格

   3.2.5 平安時代語的特徴

   3.2.6 文法から見た言語的位置づけ


第3部 単文文法

 第4章 格と格助詞

  4.1 上代語における助詞「を」の分類

   4.1.1 助詞「を」についての従来の論

   4.1.2 格助詞「を」の存在根拠

   4.1.3 「を」助詞の分類基準

   4.1.4 格助詞「を」

   4.1.5 問投助詞「を」

   4.1.6 終助詞「を」

   4.1.7 「ミ語法」に伴う「を」

   4.1.8 特殊なタイプの「を」

   4.1.9 構文的環境を用いた分類

  4.2 訓点資料における格助詞「の」「が」の敬語用法

   4.2.1 訓点資料における「の」「が」

   4.2.2 高山寺蔵『史記』における連体「の・が」の分布

   4.2.3 高山寺蔵『史記』における主格「の・が」の分布

   4.2.4 その他の『史記』における用法について


 第5章 用言とその周辺

  5.1 日本語ヴォイスにおける特異性

   5.1.1 異主題(主語)省略構文について

   5.1.2 異主語省略構文と能格性

   5.1.3 動詞の自他における能格と異主語省略

   5.1.4 形容詞における能格と異主語省略

   5.1.5 素材敬語における能格と異主題省略

   5.1.6 まとめ

  5.2 敬語アスペクト的性格

   5.2.1 中古語の「はべり」のアスペクト

   5.2.2 「はべり」に関する敬語と非敬語との対応

   5.2.3 状態性アスペクトの「はべり」(タイプ1)

   5.2.4 状態性アスペクトを持たない「はべり」(タイプ2)

   5.2.5 「り」「たり」の丁寧化した「はべり」(タイプ3)

   5.2.6 敬語状態性アスペクト

  5.3 現代語否定呼応する副詞

   5.3.1 副詞否定との呼応

   5.3.2 副詞の分類と否定呼応の状態

   5.3.3 程度副詞

   5.3.4 量副詞

   5.3.5 陳述副詞

   5.3.6 否定呼応しない例

   5.3.7 語彙否定の様相

   5.3.8 文法否定とのみ呼応する副詞

   5.3.9 否定の種類への展望


 第6章 副助詞係助詞

  6.1 中古語副助詞の階層性

   6.1.1 中古語副助詞の範囲

   6.1.2 格助詞との承接

   6.1.3 形容詞連用形との承接

   6.1.4 副助詞相互の承接

   6.1.5 その他の特殊な承接

   6.1.6 中古語副助詞とりたて語順

  6.2 中古語係助詞「なむ」の特性

   6.2.1 中古語係結

   6.2.2 係助詞の持つ強調

   6.2.3 「なむ」と「ぞ」との構文的比較

   6.2.4 結び

  6.3 中古語係結の結びの用言

   6.3.1 序

   6.3.2 連体形の分類

   6.3.3 文末モダリティ助動詞

   6.3.4 「らむ」による連体形

   6.3.5 係結の一側面

  6.4 中古語の「をば」の構文的特徴

   6.4.1 「をば」の問題点

   6.4.2 「をば」の概要

   6.4.3 対格表示としての「をば」

   6.4.4 主題形式としての「をば」

   6.4.5 「をば」の持つ特有の機能

   6.4.6 おわりに

  6.5 中古語疑問文

   6.5.1 「や」と「か」の用法

   6.5.2 「や」と「か」の研究史

   6.5.3 「や」と「か」の基本文型

   6.5.4 「や」と「か」の承接

   6.5.5 疑問と詠嘆との関係

   6.5.6 疑問と推量と「や」と「か」の問題


第4部 従属節文法

 第7章 連体と名詞節

  7.1 「の」「こと」による名詞節の性質

   7.1.1 中古日本語のいわゆる「作用性用言反撥の法則

   7.1.2 大量言語処理による観察

   7.1.3 「のが」節・「ことが」節に対する述語分布

   7.1.4 他動詞分布

   7.1.5 使役分布

   7.1.6 他の述語文型

   7.1.7 現代語中古語名詞節の性質

  7.2 古典語の連体

   7.2.1 連体構造とは

   7.2.2 連体形による連体修飾

   7.2.3 連体形によるその他の連体修飾

   7.2.4 「の・が」等による連体修飾

   7.2.5 その他の連体修飾

  7.3 中古語準体構造について

   7.3.1 連体と準体

   7.3.2 連体の分類

   7.3.3 連体と準体との対応

   7.3.4 同格準体

   7.3.5 同一名詞準体

   7.3.6 準体相互の関係

   7.3.7 準体の諸相

  7.4 中古語の分裂文

   7.4.1 分裂文の定義

   7.4.2 中古語の分裂文の問題点

   7.4.3 現代語の分裂文についての解釈

   7.4.4 中古語の分裂文の特徴

   7.4.5 分裂文の構造

  7.5 上代中古語の形状性準体構造

   7.5.1 準体構造の分類

   7.5.2 形状性準体と作用性準体

   7.5.3 ク語法の準体の種別

   7.5.4 分裂文の主語の準体

   7.5.5 存在文主語の形状性準体

   7.5.6 助詞「い」を伴う形状性準体

   7.5.7 目的語の形状性準体

   7.5.8 準体の分類と分析

   7.5.9 石垣法則の位置づけ


 第8章接続

  8.1 古典語格助詞から接続助詞への変化

   8.1.1 問題のありか

   8.1.2 格助詞接続助詞機能

   8.1.3 格助詞から接続助詞

   8.1.4 接続助詞化の要因

  8.2 中古語複文構造の概観

   8.2.1 はじめに

   8.2.2 複文という用語の問題

   8.2.3 現代語文法における従属節の記述

   8.2.4 古典語における従属節の種類

   8.2.5 それぞれの類の問題点

  8.3 接続と準体

   8.3.1 〈連接構文〉の考え方

   8.3.2 形状性準体句成立原理について

   8.3.3 連接構文の実態

   8.3.4 連接構文理解の要点

  8.4 接続助詞「を」の発生時期

   8.4.1 「を」の分類と接続助詞「を」

   8.4.2 上代助詞「を」

   8.4.3 上代接続助詞中古接続助詞の差

   8.4.4 接続助詞の発生源


第5部 主観表現文法

 第9章 モダリティ

  9.1 日本語のモダリティの概観

   9.1.1 ムードモダリティの研究史

   9.1.2 文の種類としてのモダリティ

   9.1.3 判断の種類としてのモダリティ

   9.1.4 現代語モダリティ体系

  9.2 中古語におけるモダリティ助動詞体系

   9.2.1.推量とモダリティ

   9.2.2 従属節機能モダリティ助動詞分布

   9.2.3 係助詞による従属節従属度の検証

   9.2.4 述部のモダリティにおける助動詞の位置

  9.3 モダリティ表現の変遷

   9.3.1 問題のありか

   9.3.2 モダリティ表現の分類

   9.3.3 古典語現代語との比較

   9.3.4 古典語から現代語

   9.3.5 今後の課題

 第10章 ダイクシス(敬語指示人称)

  10.1 中古語敬語の持つ人称

   10.1.1 移動動詞敬語

   10.1.2 移動動詞敬語体系

   10.1.3 「ゆく」と「く(る)」の分化の目的

   10.1.4 移動動詞敬語体系

   10.1.5 敬意視点の一般化

   10.1.6 素材敬語の性格について

  10.2 複合動詞「……てゆく」「……てくる」の用法

   10.2.1 移動と補助用言

   10.2.2 「てゆく「てくる」の用法

   10.2.3 「てゆく」「てくる」の語構成

   10.2.4 「ゆく」「くる」との関係

   10.2.5 空間型の下位分類

   10.2.6 時間型の下位分類

   10.2.7 今後の展望

  10.3 現代語人称移動動詞

   10.3.1 アスペクト敬語

   10.3.2 「ている」と「てゆく・てくる」との関係

   10.3.3 敬語と「てゆく・てくる・ている」

   10.3.4 指示詞人称の定義について

  10.4 構文的に見た指示詞の指示対象

   10.4.1 はじめに

   10.4.2 打ち消し的問答における「それ」

   10.4.3 指定文の主語と「それ」

   10.4.4 指定文の述語と「それ」

  10.5 レ系指示詞意味

   10.5.1 レ系の指示詞とヒト

   10.5.2 分裂文とヒト

   10.5.3 準体とヒト

   10.5.4 文脈指示レ系指示詞

   10.5.5 レ系の指示詞の性格

  10.6 中古語レ系指示詞

   10.6.1 指示詞の研究史

   10.6.2 中古語指示詞体系の概観

   10.6.3 指示事物代名詞人称代名詞

   10.6.4 斜格の格助詞との承接関係からみた人称レ系指示詞

   10.6.5 レ系指示詞と能格性

   10.6.6 おわりに



従来の筆者の研究との関係

参考文献

索引


書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。