近代日本思想大系

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

近代日本思想大系

福沢諭吉集 / 編集解説:石田雄?

学問のす丶め

文明論之概略

明治十年丁丑公論

学問之独立

瘠我慢の説

福沢全集緒言

福翁自伝

論説・書簡


福沢に於ける「実学」の転回(丸山真男)

解説(石田雄)

年譜・参考文献

中江兆民集 / 編集解説:松永昌三?

三酔人経綸問答

平民のめさまし

国会論

選挙人目ざまし

一年有半

続一年有半

新聞雑誌論説集


妄言妄聴<中江兆民>(徳富蘇峰)

中江氏の臨終に就て(板垣退助)

中江兆民先生追懐記(石川半山)

中江兆民居士(渋江保)

解説(松永昌三)

年譜・参考文献

陸羯南集 / 植手通有編集解説

近時政論考

近時憲法考

原政及国際論

新聞雑誌論説集


陸羯南-人と思想 丸山真男

福沢諭吉の啓蒙主義と陸羯南の歴史主義 遠山茂樹

解説 日清戦争後における陸羯南 植手通有

年譜・参考文献

三宅雪嶺集 / 編集解説:本山幸彦

我観小景

人生の両極

大塊一塵

世界建設

明治思想小史

初期政論


小紙庫 政治と人物篇 三宅雪嶺論(丸山幹治)

三宅雪嶺(大久保利謙)

解説(本山幸彦)

年譜・参考文献

内村鑑三集 / 編集解説:内田芳明?

余はいかにしてキリスト信徒となりしか

後世への最大遺物

地位の満足

信者の娯楽

近代

新旧の別

家庭の建設

骨肉の叛逆

恋愛の自由に就て

青年に告ぐ

落第生を慰むるの辞

師弟の関係に就て

弟子を持つの不幸

余の耐えられぬ事

高橋ツサ子

愛女の墓に葬る

黒田清隆伯逝く

クリスマス夜話=私の信仰の先生

東京独立雑誌廃刊の真因

信仰復興のきざし

天然と人

失望と希望

日本国の大困難

基督教と日本

基督教と世界歴史

基督教と社会主義

基督信徒と社会改良

戦時に於ける非戦主義者の態度

非戦主義者の戦死

戦争廃止に関する聖書の明示

世は果して進歩しつ丶ある乎

神の国の建設に就て

預言研究の必要

世界伝道の精神

神の存在の証拠

神の全智全能に就て

摂理の神

贖罪の弁証

神の忿怒と贖罪

復又贖罪に就て

コンボルションの実験

無教会主義を棄てず

無題

基督再臨を信ずるより来りし余の思想上の変化

基督再臨の二方面

再臨再唱の必要

基督教問答


諭吉・天心・鑑三(丸山真男)

解説(内田芳明)

年譜・参考文献

徳富蘇峰集 / 神島二郎?編集解説

木下尚江集 / 編集解説:武田清子?

西田幾多郎集 / 編集解説:竹内良知?

鈴木大拙集 / 編集解説:古田紹欽?

幸徳秋水集 / 編集解説:飛鳥井雅道?

吉野作造集 / 編集解説:松尾尊允?

山川均集 / 編集解説:高畠通敏?

大杉栄集 / 編集解説:大沢正道?

田辺元集 / 編集解説:中埜肇?

三木清集 / 編集解説:住谷一彦?

戸坂潤集 / 編集解説:中岡哲郎?

明治思想集. 1 / 編集解説:松本三之介

大阪遷都の建白書(大久保利通)

立憲政体に関する意見書(大久保利通)

立法・行政に関する建言書(木戸孝允)

憲法制定の建言書(木戸孝允)

内政充実・地租軽減に関する建言書(木戸孝允)

敬天愛人説(中村正直)

西国立志編序跋(中村正直)

自由之理序(中村正直)

開化ヲ進ル方法ヲ論ズ(津田真道)

賊説(西村茂樹)

人生三宝説(西周)

兵家徳行(西周)

国体新論(加藤弘之)

人権新説(加藤弘之)

民権自由論(植木枝盛)

民権自由論二編甲号(植木枝盛)

人民ノ国家ニ対スル精神ヲ論ズ(植木枝盛)

救民論(小野梓)

権理之賊(小野梓)

余ガ政事上ノ主義(小野梓)

加藤弘之君人権新説(馬場辰猪)

親化分離の二力(馬場辰猪)

日本人(陸奥宗光)

面壁独語(陸奥宗光)

教学大旨(元田永孚)

教育議(伊藤博文)

教育議附議(元田永孚)

井上毅右大臣ニ進ムル意見書(井上毅)

漸進主義(福地桜痴)

史論(福地桜痴)

辟易賦(成島柳北)

昔かたり(成島柳北)

必ズ公明正大ナラン(成島柳北)

雑録子タルモ亦難シ(成島柳北)

偽民権論(末広鉄腸)

王権ノ用方(末広鉄腸)

人爵ハ天爵ニ若カズ(末広鉄腸)

小説総論(二葉亭四迷)

政教新論(小崎弘道)

日本開花之性質(田口卯吉)

自由略論(大井憲太郎)

解説(松本三之介)

参考文献

年表

著者略歴

大正思想集. 1 / 今井清一?編集解説

大正思想集. 2 / 鹿野政直?編集解説

文化主義の論理(左右田喜一郎)

社会改造の根本精神(大山郁夫)

人間建築論(賀川豊彦)

「思想問題」と哲学的精神(朝永三十郎)

民衆文化か、民衆の為めの文化か(権田保之助)

徹底個人主義者の社会生活観(田中玉堂)

自由画教育の要点(山本鼎)

弥勒の世に就いて(出口王仁三郎)

残れる手記帳より(中沢臨川)

社会改造に対する婦人の使命(平塚らいてう)

人生批評の原理としての人格主義的見地(阿部次郎)

人生生物学入門・性教育私見(山本宣治)

小学校教科書の根本的改造(高島米峰)

近代の恋愛観(厨川白村)

無政府の事実(伊藤野枝)

宣言一つ(有島武郎)

超国家主義の迷妄(高畠素之)

無産階級の芸術(平林初之輔)

浮浪漫語(辻潤)

嘘の効用(末弘厳太郎)

芸術の革命と革命の芸術(青野季吉)

無産者革命と民族問題(高橋貞樹)

解放運動に於ける無産青年の使命(羽生三七)

プロレットカルト論(土田杏村)

軍閥と彼等の迷想(松下芳男)

相対的判断による絶対について(石原純)

都市の叛逆(沢田謙)

休刊に就て 種蒔く人の立場(『種蒔く人』)

婦人解放論の浅薄さ(生田長江)

社会主義は闇に面するか光に面するか(櫛田民蔵)

婦人解放論の浅薄さ(山川菊栄)

法律に於ける階級闘争(平野義太郎)

女性主義の提唱(高群逸枝)

沖縄青年同盟よりの抗議書(広津和郎)

朝鮮統治の方針(矢内原忠雄)

日本主義の幻想(石橋湛山)

綱領・言集 解説(鹿野政直)

参考文献・年表

昭和思想集. 1 / 編集解説:松田道雄

『方向転換』はいかなる諸過程をとるか我々はいまそれのいかなる過程を過程しつ丶あるか(福本和夫)

櫛田氏に答ふ(小泉信三)

宣言要旨(日本共産党)

価値法則に関する小泉教授の『答弁』(櫛田民蔵)

京都学生事件』の意義を我々は今如何に把握するか(芦屋好夫)

或阿呆の一生(芥川竜之介)

報告の要点(渡辺政之輔)

日本産党の組織と政策及革命の展望(日本共産党)

日和見主義的戦略か『戦略的』日和見主義か(猪俣津南雄)

文芸戦線は何処に門を開くか?(中野重治)

新党準備会の結党とわれわれの態度(日本共産党)

マルクスより出でてマルクスを克服するもの(河合栄治郎)

『自然弁証法』邦訳書への序言(加藤正)

党の大衆化と労農同盟(鍋山貞親)

革命的学生青年の任務に就いて(竪山利忠)

わが心を語る(広津和郎)

共産党功罪論(赤松克麿)

マルクスのロビンソン物語(大熊信行)

河上肇(土田杏村)

算術の社会性(小倉金之助)

一九三〇年度に於けるナップの方針書(ナップ中央協議会)

日本資本主義現段階の矛盾と恐慌(野呂栄太郎)

革命的青年学生の任務(清水秀夫)

プロレタリア芸術運動の組織問題(蔵原惟人)

ベルリンからの緊急討論(勝本清一郎)

作家として(林房雄)

日本プロレタリア科学同盟行動綱領(日本プロレタリア科学同盟)

声明(京都帝国大学法学部教授一同)

共同被告同志に告ぐる書(佐野学,鍋山貞親)

転向没落問題・自由主義・戦争論(土田杏村)

ナップ解体の声明(日本プロレタリア作家同盟)

混沌たる思想界(河合栄治郎)

「悲劇の哲学解説(正宗白鳥)

日本プロレタリア文学運動の再認識第2章(池田寿夫)

解説(松田道雄)

参考文献・年表

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。