辛島美絵『仮名文書の国語学的研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

辛島美絵『仮名文書の国語学的研究』

清文堂

http://seibundo-pb.co.jp/index/ISBN4-7924-1379-6.html

序章 国語資料としての仮名文書研究について

 第一節 古文書研究の歴史と意義

 第二節 本書における方法


第一章 仮名文書言語における〈実用的対話性〉について

 第一節 「る・らる」の尊敬用法について

 第二節 高頻度形容詞から見た仮名文書の〈実用的対話性〉


第二章 〈実用的対話性〉による口頭語の反映について

 第一節 鎌倉時代オ段長音開合四つ仮名の混乱例をめぐって

 第二節 シシ語尾形容詞について

 第三節 動詞活用の変化について

 第四節 仮名文書に見られる口頭語的な語彙


第三章 実用文としての仮名文書言語の特色

 第一節 仮名文書古文書用語としての「明白なり」について

 第二節 「ながし」の用法から見た仮名文書表現の形成と伝統性

 第三節 「つくしがたし」の用法から見た仮名文書表現の形成と伝統性

 第四節 高頻度形容詞から見た仮名文書実用文としての特色

 第五節 形容動詞語彙から見た仮名文書

 第六節 助動詞から見た漢字書き文書との共通性


終章 各仮名文書類の国語学的特色と今後の研究の方向


別表

索引

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。