足立里見編『ポスト歌謡曲の構造』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

足立里見編『ポスト歌謡曲の構造』

一九八六年一月三十日初版発行

五月社

装訂 府川充男

編者 足立里見

http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/7930381.html

ポスト・ロマンのアルチザンたち 笠井潔・竹田青嗣 

恋の光学とその悲劇 鎌田東二

三波春夫記号学 井上隆弘

歌謡曲神話記・極楽変 足立里見

面白くてやがて悲しき歌謡曲宣言 長沢ヒロ

三十代はいかにしてロックからボップスに転位したか? 森雪之丞

時代と寝なくなった歌手たち 加東康一・伊藤強


書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。