諏訪春雄編『日本語の現在』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

諏訪春雄編『日本語の現在』

諏訪春雄

日本語の現在勉誠出版

ISBN:458505345X

編集視点 諏訪春雄

日本語と私

 短歌の魅力とは 秋山佐和子

 思いだすままに あまんきみこ

 言葉は生きもの 伊丹公子

 「夢」という言葉から…… 井本木綿子

 いろは 宇田喜代子

 日本語の美と魔術 春日真木子

 私の詩の原風景 門田照子

 表現の時空、時空の表出 鎌田弘子

 方言俳諧 木田才女

 文語の響き 栗木京子

 三十一音の音姿・文字姿 佐々木史子

 連句遊びの楽しさ 高橋順子

 三つの日本語 西村和子

 私を育てた日本語 久宗睦子

 詩を書きはじめて 福田美鈴

 日と共 吉田加南子


日本語の最前線

 危ない日本語 北原保雄

 ことばを通して日本に迫る 大野晋諏訪春雄


I日本語とは何か

 日本語本質 柴田武

 日本語とは何か? 小池清治

 日本語のしくみ 村田美穂子


II日本語の現在

 日本語コミュニケーション 森山卓郎

 敬語の力と社会 浅田秀子


III文字音韻

 日本の文字 小柳智一

 日本語音韻 柳田征司


IV東京語大阪

 東京語成立と展開 田中章夫

 大阪方言過去・現在・未来 真田真治真田信治


V日本語の学び方

 人類はいつ言語を進化させたか 正高信男


VI比較民俗学の手法で解く日本語の特色

 日本語の特色―移動する視点― 諏訪春雄

最終面広告木部暢子『西南部九州二型アクセントの研究』が「ニ型」と誤植されている。

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。