読売新聞社会部『東京ことば』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

読売新聞社会部『東京ことば』

読売新聞社会部(石山茂利夫)『東京ことば読売新聞社

1988.6.20 1400円

ISBN:4643880570

二種類の東京ことば――序にかえて 井上ひさし

1 下町ことば

 なまり二代咄――“春日部弁”じゃハナシにならねェ 870804 【林家正楽・桂南楽】

 海中の島――「ヒ・シ」混同 純粋の江戸語 870805

 しのまるの歌――アナウンサーでも悩みの種 870808 870916

 久保田万太郎の世界――根強く残る下町ことば 870811

 GijukuかGijikuか――英語名から外れた「義塾」 870813

 弥三郎“じゅく・じく”節――好敵手アワ飛ばす論争 870814 【池田弥三郎柴田武

言葉Q&A1【靄る、大地震、ヒ・シ】 870930

2 鼻濁音の運命

 鼻濁音好感度――育った地域が影響 870822

 鼻濁音 金田一さんの推理 【金田一春彦

  1 父母の影響ない? 870825

  2 消えゆく宿命? の音 870826

3 方言の影響を受ける東京語

 東京新方言――「違かった」はイクナイ?【芥川龍之介と「とても」】 870901

 ら抜き“れる”言葉

  1 国民の半数「違和感ない」 870902

  2 西日本出身者よく使う 870905

  3 こんなに広まるとは 870908

  4 すでに辞書にも登録 870909

  5 初収録は「広辞林」? 870910

  6 “れる”の辞書登場は昭和20年代 870912 870916

言葉Q&A2【上意下達、おかしらつき、申される】 871014

4 東京アクセント発音

 アクセント クマ・とク・マ カギは生育期の言語体験 870917

 “世代別”アクセント――百四十語で違いくっきり 870918

 教育アクセント――機能意義、伝統を守る 870922

 山村留学生の影響

  1 テレビ後ろ盾に侵略 870923

  2 共通語化急激に加速 870926

 ブリッコ発音――サ行が揺れて“怪音” 870828

5 カタカナ言葉東京語

 外来語“輸出国”の当惑 871002

 “植民地語”――あふれるカタカナ 871006

 横文字化現象――アルファベット誌名 871007

 戦略語

  1 カタカナは格好いい? 871009

  2 「つるし」とは違うんだと 871013

 ABC文体

  1 乱れても遊び感覚 871016

  2 国語辞書にも登場 871020

  3 川端さん自身の表記 871021 【川端康成

  4 「Wる」の定着、脚本が一役*1 871024

 「女性自身」が選んだ言葉――和製英語の傑作“OL” 871027

 カタカナ理解度――誤解の中で独り歩き 871029

 外来語の行方――どん欲な吸収力 871104

言葉Q&A3【十個、自身の「お」、させていただきます】 871105

6 忌み言葉――言葉の新陳代謝のメカニズム

 トイレの名称

  1 直接表現避ける工夫 871106

  2 臭いイメージ消そう 871110

  3 利用者の身になって…… 871111

  4 「便利な所」変じ「便所」に 871114

  5 姿を消した「W・C」 871121

  6 JR規定手直し一本化 871124

  7 デパートは絵文字優遇 871125

 ピクトグラムの周辺

  1 五輪で普及した絵文字 871126

  2 難しくなった「一目瞭然」 871127

言葉Q&A4【まとわりつく、着替える、と思う】 871128

7 敬語を見る視点

 敬語の乱れ現象――「参る」は謙譲語だが…… 871202

 巨泉さんの敬語観――“地位がらみ”はいらない!! 871205 【大橋巨泉】

 ロザンナさんの日伊敬語比較――「イタリアの方が発達」 871208

 社内敬語――カメレオンのごとく 871209

 政治家の呼び方――「先生」は議員への配慮 871216

 敬語論争のレギュラー――多用目立つ「あげる」 871211

 「……させていただきます」――定着した関西の発想 871215

言葉Q&A5【山田忠雄「古式豊かに」誤用伝説に対抗する】 871201

8 各地の方言東京語共通語

 志ん朝師匠の悩み――お客との“言葉の断層” 871217

 山の手ことば――「特徴なし」が最大の特徴 871222

 井上ひさしさんの「一人一言語」説――「人の数だけ日本語はある」 871223

 東京語と各地の方言――“対立の図式”一辺倒は誤り 871225

付録 久保田万太郎作品に見る下町ことば

あとがき

1987.8~12 読売新聞都内版に連載55回

*1:cf.『言語生活』の「目」1971.4。ISBN:4480822534への収録の有無は未確認。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。