詩格集成

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

詩格集成

詩格集成

一卷

樗園長山貫著

此書は宋元明清の詩話、及び諸家の隨筆雜著に就いて、詩の體格聲韻等に關する説を抄録したるものにて、時に又自説を録せり、絶えて、新奇にして人を喜ばしむる所なきも、布帛菽粟、日用缺く可らざる説多し、原本は木雕活字本にして、世に流布するもの極めて稀れなり、序跋なし、故に著者の履歴及び刊行の年月を知るに由なきは、洵に遺憾なり、原本には、目次を掲げず、今新に之を作り卷首に置き、以て査閲に便す。

詩格集成.pdf

詩格集成目次

詩之原始

詩體

正格

平仄

押韻

無韻詩

和韻

追和

詩題

無題

樂府

雜詩

口號

口占

詩八病

句眼

調聲

練字

同韻

八腰仄

蜂腰

古詩

聯句

律體

排律

絶句

句中對

蹉對

假封

扇對

三言

三截體

句作兩節

拆句格

折腰句

倒句

翻案句法

字體

用子母字粧句法

四異格

應字格

雙尾格

損益字法

韻律

五句格

五言三句格

隔句韻

疊韻

偏傍體

囘文

首尾吟

略字

益字格

五七言格

六七言格

三七言格

轉句六字格

三五七言格

三韻分押

五平五仄體

偸春格

十字句法

六言詩

互體

擲韻

轆轤韻

別體

集句詩

拗句格

呉體

虚接格

香奩體

竹枝詞

楊柳枝

白戰

助字

雙聲疊韻

襲用體

古入姓名藏句中格

藥名入句中格

隱語

倒字

詩癖

詩地相肖

剽竊

拙句

詩話

詩文

梵詩

詩境

餘論

http://uwazura.seesaa.net/article/19877084.html
書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。