言語学とその周辺

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

言語学とその周辺

日本語論究


読むという「こと」に至るメカニズム―年少児の有効読字範囲と最適情報量 斎藤洋典

失語症―統語障害者の助詞について 松浦千佳子

コミュニケーション能力開発のための談話分析と教育―会話の進め方の型に関する視点の導入について 岡田安代 

専門分野別日本語教育―豊橋技術科学大学の試み 吉村弓子

言語接触による方言形の理解と使用 丹羽一彌

波照間方言の音韻 久野真 

海部郡飛島村における文末詞に関する一考察―強調の文末詞をめぐって 太田有多子 

共通語訳からの方言弁別は可能久木田恵

敬語規範のモデル論 村上隆  

イントネーションパターンとアクセント型に関する実験音声学的考察―長さと基本周波数(Fo)の変化を中心として 鹿島央

Perception of Linguistic Focus in Japanese Ichiro Miura

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。