言語の研究と古代の文化

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

言語の研究と古代の文化

言語の研究と古代の文化 一冊

 金澤庄三郎著。大正二年刊。本書は比較言語學の立場がら日韓兩國語を比較對照して、それ等の古代文化を研究し、その同一系統なる事を論じたものであって。同じ著者の「國語の研究」と共に日鮮比較言語學上頗る注意すべき著書である。猶巻末には上記の説を要約して「比較言語學から見た古代の日本及び朝鮮の文化に就いて」と題して獨乙語に譯した論文を載せてゐる。

亀田次郎国語学書目解題」)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。