言便

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

言便

ごん-びん {言便(名)言葉のいひまはし。くてう。音便三河物語 上「言便《ゴンビン》を聞き、色を見而、喧嘩にもてなして、指しちがへて死すべし」

ごん-びん (名) 言便 〔和訓栞、ごんびん「言便なるべし、音便の如し」〕言葉の、いひまはし。。林逸節用集(文明)雑用「言便三河物語大久保彦左衞門)上「言便を聞き、色を見て、喧嘩にもてなして、刺違へて、死すべし」

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。