角田文衛『日本の女性名

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

角田文衛『日本の女性名

角田文衛日本女性名―歴史的展望』上中下 教育社 1980

国書刊行会より2006再刊

一九八〇年九月二〇日 第一刷

一九八五年八月一〇日 新装第一刷

はじめに

概観 日本女性の名

 人間の名前

 中世における女性名の研究

 近代における女性名の研究

 女性名の特色

 女性名の種類


第一部 古代

1大和時代

 遠古の女性

 大和前期の特徴

 大和時代後期

奈良時代前期

 庶民女性

 貴族の女性

奈良時代なか期

 庶民女性名の分類

 庶民女性名の特色

 皇・王族と貴族の女性

奈良時代後期

 史料の問題

 貴族女性名の推移

 宮人・尼僧の名

 庶民・奴婢の名

平安時代前期

 桓武.平城朝の特色

 嵯峨朝以降の特色

 貴族女性名の子型化

 宮廷女性呼び名

平安時代中期(一)延喜・天暦時代

 子型名の流行と童名

 宮廷・貴族の女性

 庶民女性

平安時代中期(二)――寛弘・永承の時代

 貴族の女性名と命名法

 呼び名・綽名・童名

 内裏女房の地位と候名

 庶民女性

 法名と遊女名

平安時代後期

 宮廷の女性

 貴族女性名の特徴

 女房たちの候名

 庶民女性

 遊女・傀儡子・白拍子の名

 藝名と法名


第二部 混成古代

鎌倉時代

 混成古代の意味

 宮廷貴族の女性

 女房たちの名

 庶民女性の名

 庶民女性名の分類

 女性法名

 白拍子・遊女などの名

 注

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。