覚野吾郎「『今昔物語集』における漢語の連体修飾」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

覚野吾郎「『今昔物語集』における漢語の連体修飾」

覚野吾郎

『国語語彙史の研究』27

――「-ノ」と「-ナル」との関連から

主要参考文献

浅野敏彦国語史のなかの漢語和泉書院(一九九八)

池上禎造『漢語研究の構想』岩波書店(一九八四)

春日和男存在詞に関する研究風間書房(一九六八)

加藤重広日本語修飾構造語用論的研究』ひつじ書房(二〇〇三)

小峯和明今昔物語集の形成と構造」補訂版 笠間書院(一九九三)

佐藤武義今昔物語集語彙語法明治書院(一九八四)

西尾寅弥形容詞の意味・用法の記述的研究国立国語研究所 秀英出版(一九七二)

藤井俊博『今昔物語集の表現形成』和泉書院(二〇〇三)

村田菜穂子形容詞・形容動詞の語彙論的研究和泉書院(二〇〇五)

浅野敏彦漢語「希有」について」(解釈二一-三)(『国語史のなかの漢語和泉書院に所収)(一九七五)

浅野敏彦漢語類義語――奇怪・奇特・奇異・不思議1」(『同志社国文学』一二)(一九七七)

浅野敏彦漢語「美麗」について」(解釈二四-二)(『国語史のなかの漢語和泉書院に所収)(一九七八)

金水敏「連体修飾成分の機能」(松村明教授古稀記念会編『国語研究論集明治書院)(一九八六)

此島正年形容動詞連体法」(國學院雑誌五四)(一九五三)

桜井光昭今昔物語集漢語形容動詞」(學術研究-人文・社会・自然-一一 早稲田大学創立八十周年記念号)(一九六二)

鈴木泰「漢語ナリ活用形容動詞の史的性格について」(渡辺実編『副用語の研究』明治書院)(一九八三)

鈴木英夫「『形容動詞』をめぐる二、三の問題点」(『築島裕博士還暦記念国語論文集』明治書院)(一九八六)

田中牧郎今昔物語集における和漢漢語対語意味対立1〈奇異〉〈微妙〉を例として――」(『語から文章へ遠藤好英先生御退職記念論文集)(二〇〇〇)

塚原鉄雄形容動詞体言および副詞」(月刊文法二-六)(一九七〇)

橋本仲美今昔物語集文体に関する一考察――「事无限シ」をめぐって――」(国語学七九)(一九六九)

前田富祺「漢語副詞の種々相」(渡辺実編『副用語の研究明治書院)(一九八三)

水谷静夫形容動詞辨」(國語と國文学二八-五)(一九五一)

山口仲美平安仮名文における形容詞・形容動詞」(『国語語彙史の研究一』)(一九八○)

山口佳紀形容動詞成立」(國語と國文学五八-五)(一九八一)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。