西田直敏『資料日本文法研究史』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

西田直敏『資料日本文法研究史』

西田直敏

資料日本文法研究史』

桜楓杜

昭和五十四年四月三十日

目次

はしがき

凡例

序説 日本文法研究史の時代区分

第一期 中世以前

第二期 中世〔概観〕

 第一章 歌学書における「てにをは」論、語の分類、活用への注意

   一 八雲御抄

   二 手爾葉大概抄手爾葉大概抄之抄

   三 姉小路式春樹顕秘抄

   四 竹園抄

 第二章 連歌論における「てにをは」論、語の分類

   一 連理秘抄

   二 連歌手爾葉口伝

 第三章 仮名遣活用-定家仮名遣1

   一 下官集(抄)

   二 仮名文字遣(序、目録語例)

   三仮名遣近道(抄)

第三期 近世

 一 前期〔概観〕

 第一章 てにをは研究

   一 一歩

   二 氏爾乎波義慣砂

   三 てには網引綱

 第二章 和字正濫砂-歴史的仮名遣の原拠1

 第三章 五十音図活用

   一 谷川士清活用

   ニ 賀茂真淵活用

 ニ 後期〔概観〕

 第一章 富士谷成章文法研究

   一 かざし抄(抄)

   二 あゆひ抄(抄) 附 和歌いれひも(富士谷御杖

 第二章 本居宣長てにをは活用研究

   一 てにをは紐鏡

   二 詞の玉緒(抄)

   三 萩原広道の「てにをは係辞弁

 第三章 鈴木腺の活用研究、語の分類論

   一 活語断続譜(神宮文庫本)

   二 言語四種論

 第四章 本居春庭活用研究

   一 詞八衝(抄)

   二 詞通路(抄)

 第五章 東条義門活用研究

   一 和語説ノ略図

   二 活語指南(抄)

 第六章 富樫広蔭権田直助文法研究

   一 辞玉檸(富樫広蔭)

   二 詞玉橋(抄)(富樫広蔭)

  三 語学自在(抄)(権田直助)

 第七章 橘守部文章研究

   一 短歌撰格(抄)

   二 文章撰格(抄)

 第八章 鶴峯戊申洋学文法研究-語学新書1

第四期 近代

 第一章 文語文法の確立-大槻文彦広日本文典』の成立までー

   一 智慧の環 初編下 詞の巻(抄)

   二 大槻文彦語法指南」(抄)

   三 大槻文彦広日本文典』(抄)

   四 大槻文彦広日本文典別記』例言(抄)

 第二章 近代文法学の展開1「広日本文典」以後1

   ○ 文法上許容ニ関スル事項


書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。