西沢実『脚本とは

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

西沢実『脚本とは

西沢実

脚本とは その歴史と実際』

芸術教育叢書(教育史料出版会)

1980年1月24日第1刷発行

ISBN:4876520534


はじめに

I 劇脚本の発生

 1 東西お芝居事始め(1)〈幕開きはストリップ〉

 2 東西お芝居事始め(2)〈裸道中・ギリシャ喜劇の始まり〉

 3 「オレステイア」三部作〈堂々たる脚本家アイスキュロス〉

 4 三大悲劇詩人の「エレクトラ」〈三人三様の"電気虎"〉

 5 推理ドラマ「オイディプス」〈踵腫王〉

 6 ギリシャ喜劇「リューシストラテー」〈性封鎖で戦争反対〉

 7 劇作家は古来"センセイ"〈古いギリシャ語でディダスカロス〉

II  日本における芸能の発展と劇脚本

 1 伎楽・舞楽〈その伝来と興亡〉

 2 散楽・猿楽〈そのまねをした僧による延年

 3 現存する日本最古の劇脚本延年の風流・連事〉

 4 能・狂言との相似〈熟してゆく機会〉

 5 観阿弥出世〈新芸能の大担な摂取 猿楽変貌〉

 6 南阿弥・観阿弥・モナミ〈時宗と阿弥号〉

 7 観阿弥の代表作〈颯爽「自然居士」〉

 8 世阿弥の脚太〈その作法・序破急論〉

 9 観阿弥世阿弥の作風〈剛と柔〉

 10 十郎元雅の作品A漂う運命の暗い影〉

 11 小次郎信光の作品〈ワキの自己主張「安宅」〉

III 近代脚本成立

 1 居直った現代劇「狂言」〈痛烈な風刺

 2 新民衆劇・人形浄瑠璃の出現〈三味線登場〉

 3 歌舞伎劇の創生〈阿国につづけ〉

 4 近松門左衛門世界〈悲恋「曽根崎心中」〉

 5 「歌舞伎戯曲構造論〈竪筋・横筋〉

 6 シェイクスピア・モリエール・イプセン〈西洋戯曲

IV 放送の劇脚本

 1 放送のはじまり〈「もしもし聞こえますか」〉

 2 ラジオドラマ〈その脚本入門〉

 3 二人称ドラマ〈「架空実況放送」〉

 4 素材から作品へ(1)〈原稿用紙に向かう〉

 5 素材から作品へ(2)〈作者の眼〉

 6 テレビドラマ〈チャイェフスキーの脚本

 7 劇 この劇しい虚構・闘い

あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。