蜆縮凉鼓集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

蜆縮凉鼓集

けんしゆくりやうこしふ  蜆縮凉皷集 一卷

  撰者詳ならす・元祿八年二月一日成る、自序元祿八年

この書、内題には「しちすつ/假名文字使蜆縮凉皷集」とあり、外題には「しちすつ假名文字使/蜆縮凉皷集」とす、他の假名遣の書と異なりて、「じ」、「ぢ」、「す」、「づ」四濁音の區別を示したるものなれば、其音を含める、[しゞみ」。「ちゞみ」。「すゞみ」、「つゞみ」の四語によりてかく名づけたるなり、凡例のうちに連聲、本清?本濁四濁音の混雜、音聲の高低?方言、過現未?、下知?體用、正俗?四濁音呼法等の説を述べ、且五十音圖を改作したるものをも載す、其中にワ行のイ、ウ、ヱ三音の片假名を新作せり、音を區別する爲に、假名を新作せるもの、近世にては、これや始ならん、

自序の終に「鴨東蔌父 書于賓錢堂之西軒」と見ゆ、何人にや其實名を詳にせす、他に扶桑切韻等の撰あるよし見えだり、なほ尋ぬべし、

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/ka/kaidai_ka088.html

蜆縮凉鼓集 二巻

 精しくは「しちすつ假名文字使蜆縮涼鼓集?」と云ふ。著者は詳かでない。元祿八年刊。後享保二十年には「假名文字遣便蒙抄」二巻二冊と改題して刊行してゐる。假名遣の中「じ」「ぢ」「ず」「づ」の四濁音發音上の區別を説き示してゐるので、その音を有って居る「しじみ」(蜆)「ちぢみ」(縮)「すずみ」(涼)「つづみ」(鼓)の四語を採って斯く名付けたのである。初めに本書編纂の趣旨を述べて、凡例及び音韻の圖を掲げ次にこれ等濁を含める語彙伊呂波順に列ねてゐる。

亀田次郎国語学書目解題」)

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2546007

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2546008

http://dglb01.ninjal.ac.jp/ninjaldl/bunken.php?title=kensyukuryoko

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。