蜂矢真郷編『論集古代語の研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

蜂矢真郷編『論集古代語の研究』

蜂矢真郷

http://seibundo-pb.co.jp/index/ISBN978-4-7924-1063-6.html

清文堂出版

第1部 古代語語構成文法語彙

 動詞活用成立──木田章義氏「二段古形説」をめぐって──  蜂矢真郷

  “動詞活用成立”についての諸説

  動詞派生形容詞との関係

  修正二段古形説

  考察の結果と残る問題


 『日本語歴史コーパス』を利用したジャンル別特徴語の抽出とその周辺  村田菜穂子

  はじめに

  『日本語歴史コーパス』の「本文種別」と「ジャンル」を用いた分析

  ジャンルごとの特徴語について

  おわりに


 ミ語法における節の形成と意味 竹内史郎

  はじめに

  動詞連用形節からの類推による状態性述語文の従属節

  節の意味

  おわりに


 ナを伴う二音節名詞  蜂矢真弓

  はじめに

  ワナ〔羂〕・ハナ〔端〕・エナ〔胞衣・胎衣〕

  スナ〔砂・沙〕・コナ〔粉〕

  スナゴ〔砂子〕・コナカキ〔餗・糝〕の異分布

  複合語の前項部の場合におけるコの同音衝突

  単独の場合におけるコの同音衝突

  複合語の後項部の場合におけるコの同音衝突

  まとめ


 上代中古動詞「~カフ」・「~ガフ」  中垣徳子

  はじめに

  本来型のもの

  動詞カフ(交・差・替)を伴うもの

  動詞カフが接尾語化・濁音化したもの

  その他のもの

  おわりに


第二部 古代漢字文

 『日本書紀』における高句麗百済新羅の官職名 柳玟和

  はじめに

  高句麗の官職名

  百済の官職名

  新羅の官職名

  おわりに


 前田本『日本書紀』の日・朝固有名詞声点について 朴美賢

  はじめに

  前田本『日本書紀』の日・朝固有名詞の概要

  中国中古音との対応関係

  日本呉音日本漢音との対応関係

  日・朝固有名詞の共通の漢字声点

  結論


 『日本書紀』の分注──〈倭義注〉とその偏在から考える── 是澤範三

  はじめに

  倭義注の定位1

  倭義注の定位2

  おわりに


 『日本書記古訓「ウカラ」「ヤカラ」考 金紋敬

  はじめに

  古訓「ウカラ」の用例とその意味

  古訓「ヤカラ」の用例とその意味

  おわりに


 御巫本日本書紀私記』の和訓系統──一峯本との関係を中心に── 山口真輝

  はじめに

  書紀古訓との比較

  御巫本と一峯本和訓の近似性

  複数から見た御巫本と一峯本との関係

  まとめ


 「五国史宣命の「之」字 池田幸恵

  はじめに

  宣命体文献における「之」字

  上代文献における「之」字の用法

  続日本紀宣命の「之」字

  日本後紀宣命から文徳実録宣命の「之」字

  三代実録宣命の「之」字


 変体漢文における不読字──段落標示用法を中心に── 田中草大

  はじめに

  変体漢文における不読字二類

  段落標示用法の「矣」の消長

  段落標示用法の「矣/焉」「焉/矣」の消長

  出自など

  おわりに


 『和名類聚抄』の「玉類」項について 吉野政治

  はじめに

  「玉類」という項目立て

  『和名類聚抄』と『広雅』との一致と不一致

  「玉」と「珠」

  「水精」と「火精」

  「雲母」と「玫瑰」

  おわりに



蜂矢真郷教授略歴

蜂矢真郷教授論著目録

あとがき

論集 古代語の研究

論集 古代語の研究

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。