藤岡博士功績記念言語學論文集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

藤岡博士功績記念言語學論文集

藤岡博士功績記念會編

岩波書店 昭和10 1册


不可能を意味する「知らず」について  有坂秀世

畳音・疊語の一研究        安藤正次

言語活動の諸相          石黒魯平

數詞に就いて?          市河三喜

蠶蛹の琉球語          伊波普猷

「三韻通考」及び「増補三韻通考」に就いて  小倉進平

ヘレニスト時代ギリシア語    神田盾夫

言語及び言語學         金田一京助

言葉意味理解         小林淳男

動作態と國語の文法的範疇    小林好日

飜譯の問題            小林英夫

音聲的描寫による語構成      佐久間鼎

所謂音韻學音聲學       神保格

支那語原研究法の一試察      高畑彦次郎

中國地方の方言に關する一・二の考察  東條操

國語の形容動詞について      橋本進吉

朝鮮語動詞使役形と受身可能形 服部四郎

韻鏡の内外轉について      峯村三郎

徳川前期の珍しい言い方     湯澤幸吉郎

熟語の研究 特に身體の部分的名稱を應用したものに就いて 横山辰次

Reflexions sur le developpement d'aspect du verbe slave. S.Igeta

On the designation problem of the so-called tokharian language.  M.Fukushima

O znachenii vidov glagola slavianskikh iazykov.

Rise and progress of semitic philology. S.Bando

藤岡勝二博士略年譜・著作要目

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。