藤井史果「山手馬鹿人の方言描写に関する一考察」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

藤井史果「山手馬鹿人の方言描写に関する一考察」

藤井史果(2008)

山手馬鹿人方言描写に関する一考察」

青山語文』38

はじめに

一 馬鹿人の洒落本方言

二 洒落本における田舎言葉

三 『粋町甲閨』と仙台方言

四 『蝶夫婦』初編と南畝噺本三部作における田舎者

五 江戸小咄における田舎者

藤井史果山手馬鹿人大田南畝同一人説の再検討――『蝶夫婦』と南畝洒落本を中心に――」(『近世文芸』第八七号、二〇〇八年一月)

東条操洒落本方言」(『方言学の話』所収、明治書院、一七五七年)

外山映次洒落本に見える「べい」について」(『埼玉大学紀要 教育学部(人文・社会科学)』第四六巻第一号、一九九七年)

本田康雄「洒落本の方言描写」(『国語と国文学』第五七号、一九八〇年)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。