落葉集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

落葉集

らくようしゅう

落葉集Racvyoxv

 一五九八年(慶長三)刊行されたもので。現存せるものの中所在の明らかなものは大英博物舘?所藏本、和蘭ライデン(Leiden)圖書館藏本、英國某貴族所藏の三本のみである。本書はあたかも節用集玉篇とを巧に分解綜合した様のものである。 

【參考】

* 「落葉集新村出 「国学院雑誌」第十六巻ノ七(南蠻記?・南蠻廣記?にも所収)

* 日本耶蘇會刊行書志? エルネスト・サトウ 三十五頁。

(亀田次郎国語学書目解題」)

岩波日本古典文学大辞典 土井洋一

http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/btv1b10508396b

https://kokubunken.repo.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_snippet&index_id=194&pn=1&count=20&order=17&lang=japanese&page_id=13&block_id=21


書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。