萩原朔太郎「日本語の不自由さ」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

萩原朔太郎「日本語の不自由さ」

萩原朔太郎

『文藝春秋』1937.12

筑摩・萩原朔太郎全集第十巻所収

丸谷才一編『恋文から論文まで』日本語で生きる福武書店1987.9.30)


金田一春彦『日本語 下』 p.229


 日本に生れて日本語が不自由だなどと考へるのは、日本人日本人たることを拒絶するやうなものであり、まさしく非国民的な思想かも解らない。しかし今日の日本で、電車や自動車の走る東京の町を歩く時に、和服が不自由だと感ずることが事実ならば、そしてそれを感ずることが、必しも非国民的思想でないとすれば、僕等が今日の日本に於て、日本語を不自由と感ずることにも無理がないのだ。

 かかる日本語の不自由性を、今日最も強く感じてゐる者は、僕等のエツセイストと科学者とである。なぜならこの二つの者(科学とエツセイ)は、共に近来西洋から来た舶来品で、古来の伝統日本に無かつたからだ。伝統の日本文化は、本来「ことあげせぬ国」を誇りとして来た。そこで日本語には論理的な要素が殆んどない。論理的な要素とは、概念を抽象上に分析配列して、これを判然明白に説明することのシステムである。一二の例をあげよう。

音響トハ空気ノ振動ニヨツテ生ズル音波ガ、聴覚器官ノ末梢神経二伝達シ、中枢神経ニヨツテ知覚サレル所ノ現象デアル。

 読者はこの文章を読み終つて、最後に今一度そのセンテンスを頭の中で組み建て直し、漸く初めて音響の理を了解し得る。いかにも煩瑣で廻りくどく、しかも曖昧不明瞭の「非論理的」文章である。だが日本語では、これより外に同じことを説明する方法がない。上例はむしろ最善の文章であり、この種の者の中での、最も解り易く書かれた名文でさへある。しかもそれすらが、このやうに廻りくどく感じられるのは、「空気ノ振動ニヨツテ生ズル音波」といふ如き一つのフレーズが、この観念の説明上で、順位を逆にしてゐるからである。これを仮りにもし、次のやうに書き換へて見給へ。

 音響トハ音波(空気ノ振動ニヨツテ生ズル)ガ、

経テ、中枢神経ニヨツテ知覚サレル現象デアル。

ソレノ伝達サレル末梢神経(聴覚器官ノ)

として見給へ。ずつと直接法的に解りよくなるであらう。更らに尚次の如く書き直して見よ。

 音響トハ一ノ現象ーソレハ中枢神経ニヨリテ知覚サレルーデアル。ソノ現象ハ音波ーー空気ノ振動ニヨツテ生ズルーガ、聴覚器官ノ末梢神経二伝達スルコトニヨツテ生ズ。

とすれば、一層説明が判然として、論理的明確性を増してくる。だがこれでは、殆んど全く日本語文章とならないのである。読者はこの索引符号のやうなセンテンスを、普通の日本語文章に直す為に、二重にまた骨を折らねばならなくなる。しかし仮りに、さうした文章意識を離れた立場で、純粋に観念の構成上から考へて見よ。この後者の説明法に於けるシステムが、前者よりも遥かに解りよく論理的に明確であることを知るであらう。つまり音響といふことを説明する為には、最初に先づそれが一の知覚的現象であることを説き、次にその知覚が、音波によつて喚起されることと説くのが、最も解り易い論理的な説明である。そしてこの際、音波が如何にして生ずるかといふやうなこと、或は知覚がいかにして喚起されるかといふやうなことは、その音波や知覚やの主語の次へ、ダツシユとして附加すれば好いのである。然るに日本語では、「空気ノ振動ニヨツテ生ズル音波」と言ふやうに、肝心の主語(音波)がフレーズの一番最後に来て、附加のダツシユが長たらしく前口上を述べ立てるので、前後矛盾し、支離滅裂となり、論理的に頭の中が混乱して、容易に意味の取れない難物となつてしまふのである。

 僕の亡なつた老祖父は、半ば笑談まじりによく言つた。日本世界で正道を歩む唯一の国だ。なぜなら見よ。西洋言葉でも、支那言葉でも、皆逆さに引つくり返つて読むではないか。日本語だけが真直であり、正しく逆立ちしない言葉だからと。しかし西洋人支那人の方から見れぽ、日本語の方が逆に引つくり返しになつてるわけで、これはどつちが正しいといふ問題ではない。ただしかし言ひ得ることは、外国語(特に欧洲語)の方が、日本語に比してロヂカルであり、科学的の明確性と判然性とを、多分に持つてると言ふことである。したがつて科学論文の類は勿論、すべての文学論文表現には、僕等の国語がこの点で大きな負担となつて来る。今日その負担を、最も痛切に感じてるものは科学老であり、次に僕等の文学的エツセイストである。

 文学論文、即ち所謂エッセイに於ては、もとより科学文献の如き論理性や、概念の明確性やを必須としない。エッセイは——それが文学作品である限り——作者の主観的な情操表現であるからである。しかしながらエツセイは、とにかく文学の中での「議論」であるから、詩や小説の類とちがつて、思想の解説に於ける判然性や明確性やを要求する。その上に尚、最も要求されることは、文芸修辞としてのゼスチユアである。すべての文学論文は、それが高邁な精神で書かれるほど、必然に叙事詩的のエスプリを帯びることから、言語韻律的の節奏性が加つて来る。

この点に於て、エツセイは演説と同じである。強い情熱を以て語られる演説は、必然に韻文的の言語を生み、…避けがたくゼスチユアが附加してくる。

 所が日本語は、この点でまた大に不便なのである。そしてその理由は、前述べたことと同じ国語構成法に基因してゐる。即ち主語がフレーズの最後に来ることと、判断がいつも文の終りに来ることである。特にこの後の事情-判断が文の終りに来ることllは、日本のエツセイストを常に最も渋難させる。次の例を見よ。

我等はかかる環境の中にあつて、人を困難ならしめる種々の事情と戦ひながら、充分に尚自己の社会的地位を獲得する迄、現状に忍従すべきか否か知らない。

 かうした文章を読む場合、その筆者意志する点が何所にあるかを、最後の一句に終る迄解らないのである。「我等は」といふ最後の一句は、「忍従すべきか否かを知らない」といふ最後の一句に連結して居る。そしてこの両者の中間には、長たらしい他の文句挿入されてる。おそらく筆者は、この書き出しの最初の言葉と最後の断定のフレーズとに、感情の力をこめて言ひたいのだらう。然るにこの中間に長たらしい幕合がある為に、最後の肝心な言葉は、すつかり気が抜けてアクセントを無くしてゐる。これをもし外国語で書けば




とか言ふ工合になり、論旨の主眼である判断が先に出るから、自然そこに強い情操のアクセントがつき、文章全体が抑揚性のある真のエツセイとなるのである。

 この判断が文の最後に来るといふことは、日本語でエツセイする時の最も大きな阻害である。僕はかつて前著「詩人の使命」中の或る論文にもそれを書いたが、かうした日本語の特性を利用して、昔から色々な遊戯が行はれてゐる。例へば「僕の好きな人は貴女より外にないと言ふことを約束……」といふから「する」と言ふかと思ふと、意外に「しない」と言つて対手をペテンにかけるのである。「する」のか「しない」のか、ノーかイエスか、文章の最後まで来なければ解らないのだから、読者にとつてこれほど歯痒いことはなく、筆者にとつてもこれほど不満足のことはないのだ。

 しかし短所は同時に長所である。かうした日本語の特色は、判断の明確性を必要としない他の文学、即ち小説随筆に於て、却つて多くの表現的利便を持つてる。元来日本文学は(詩でも散文でも)外国のそれに比して象徴的であり、象徴的であるところに幽玄な価値をもつと言はれて居るが、言語象徴的であるといふことは、言語が判然性を欠くといふことの対比であるから、日本文学がシムボリツクに発展したのは当然である。そしてかかる文学の代表は、小説としてはおそらく源氏物語が唯一者だらう。判然性といふ点から見れば、これほど難解で曖昧な文章世界にない。そしてそれだけ、一方に象徴的の含蓄性が多いのである。

 日本小説は、近世に於ても皆この源氏物語系統から出発した。すくなくとも文体に於て、源語日本小説文学規範であつた。例へば徳川時代に於ける西鶴の如き、特にその文体に於て、構想に於て、源語を直系したものであつた。明治になつてから、一時新しい西洋直訳体説明が試みられたが、最近は既に廃つて、室生犀星谷崎潤一郎流の談義体小説文壇を風靡してゐる。

 この種の小説の特色は、文章句点がなく、主語が判然せず、どこまで行つてもずるずるとして断定がないのであるから、西洋風のエツセイ文章に慣れた読者にとつては、まことに歯痒くじれつたいことの極みであり、その上にまた恐ろしく難解に感じられる。しかし日本語の真の妙趣を理解し、源語西鶴を読み得る側の読者にとつては、これほど面白く渋味のある文章はないのである。そしてその妙味は、主語がダツシユの裏に隠れ、判断が最後までずるずる引つ張られて行くところの、長談義のプロセスの中に存するのである。故に日本文学が、小説でも随筆でも、古来から皆本質上に於て「談義的」のもの——長火鉢を前にして語る人情話的のもの——となるのは自然である。

 要するに日本語は、外国語の逆手を行く所に長所を持つてゐる。したがつて日本語は、「談義」に適し「解説」に不適であり、「物語」に適して「論文」に不適である。かかる日本語を以てする以上、今日ある如き文壇小説、今日ある如き文壇随筆は、永久に「日本的な文学」の本体を決定する。そして要するに千年前にあつた如く、枕草子源氏物語系統以外、如何なる新しい変化も発展も望めないのだ。たまたま新奇を欲して文学の革命を試みた者も、僅か一朝にして忽ち元の黙阿弥に還元し、初から何も起らなかつた如くである。森鴎外芥川龍之介は、日本文学を談義小説から革新しようとして、西洋風なエツセイ文体によつて創作した。そしてしかも、その故にまた二人共小説家として失敗した。日本語小説する場合、エッセイ流の断定主義や判然明白主義は避けねぽならぬ。鴎外と龍之介は、この禁断を犯した故に、国語のヂレンマにかかつて自滅したのだ。

 日本に生れて、日本語の不自由を言ふのは、単にそれを考へるだけでも非国民的な思想かもしれない。しかしニイチエは独逸に生れて絶えず独逸語の不自由を言ひ続けた。彼の文学情操の中に、多分に非独逸的、外国的のものがあつたからだ。況んや今日現代の日本人は、幼老に関らず多分に欧化した社会に住んでる。そして我々は、科学や哲学やの如き、非日本的なる舶来の学問をする要に迫られてるのだ。して見れば今日の日本文壇にも、伝統の小説随筆以外に、西洋風のエッセイが要求されてない筈もない。だがその時代の要求を、如何にして僕等の文学に生かすべきかと言ふことが、芥川龍之介以来の問題なのだ。そしてこの問題を発展させれば、何故に日本に於ては、西洋的知性が発育しないかといふ、根本的なインテリゼンスへの懐疑になるが、此所では一先づ筆をおかう。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。