菅野修蔵

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

菅野修蔵

姫路中学校共究会

東京高商 明治37年卒(武村武二樋口愛之助と同期)

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/813086/82


函館商業学校

取箱役 菅野修蔵

菅野氏は、兵庫縣の人で、明治三十七年東京高商を卒業し、初め德島縣立商業學校長をやってゐたが後、實業界に入り、小倉製紙所支配人、王子製紙參事,中井商店監査役などをつとめた後、當社に入ってからは,小樽支店長を經て取締役に擧げられたもの。なほ小樽水力電気の取締でもある。本年五十九歳。

近代日本経済人大系』中外産業調査會発行 (昭和14-18年) 第2巻 電力篇 p.272 北海水力電気

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。