草野清民『草野氏日本文法』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

草野清民『草野氏日本文法』

草野清民

日本文法 一巻一冊

 草野清民著 明治三十四年刊。本書は著者の歿後その遺稿を整理して刊行したものである。内容を三編に分けて。先づ第一前篇では音声及び文字の論、第二詞篇では名詞・指詞・數詞形容詞動詞助動詞・て爾遠波等の品詞について。第三文章篇では詞句相互の關係及び文章について夫々項目を立てゝ記してゐる。なほ附録として「國語の特有せる評法-總主?」、「言語の發達」の二つの論説を添へてゐる。前記の如く本書は未定稿であって聲音論動詞助動詞の部の如き未完成のもの。副詞・接詞・感詞の如き全く起稿を見ないものさへあるが、文章篇は脱稿したものであって見る可き説が多い。即ち「総主」に關する説、副詞用法形容詞活用、不完全動詞の説、或は附録に於いて動詞の諸活用の原型を求めて四段活と二段活?とに大別したかが如き、いづれも國語學史上大に注意を要すべき卓見に富んだ所論である。

亀田次郎国語学書目解題」)

f:id:kuzan:20091208104256g:image


上田万年の序

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/ueda/KUSANO.HTM


近代デジタルライブラリー

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。