芳賀綏『言論100年日本人はこう話した』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

芳賀綏『言論100年日本人はこう話した』

芳賀綏言論一〇〇年 日本人はこう話した』

三省堂選書23

ISBN:438543123X

1985年11月15日

  はしがき


1 弁論時代の夜明け

 一 これが"演説"だ

 二 「一雨ごとに演説屋がふえ……」 政談演説とその反響

 三 "演壇ばなし" 開花期の諸相

 四 議会論戦の幕開く


2 大正激動期の雄弁

 一 デモクラシーを導いた雄弁

 二 「西にレーニン、東に原敬

 三 青年雄弁の花ひらく

 四 絶叫早口 無産運動のリーダーたち


3 よき時代から冬の時代

 一 「JOAK、こちらは……」ラジオ放送始まる

 ニ スタジオ話術の名手たち

 三 軍国の嵐に抗す

 四 戦時を彩る雄弁


4 "もの言う日本人"の時代

 一 言論解放と大衆参加

 二 茶の間にはいった政治

 三 録音とマイクの時代

 四 対談インタビュー時代


5 言論拡散時代の諸相

 一 花ざかりディスクジョッキー

 二 散乱と急迫 話し方無秩序時代と"言論"の地盤沈下

 三 「青年の主張」の表現と意識構造

 四 "粗弁時代"から脱却せよ 結びに代えて


 あとがき 資料参考文献など


略年表 

言論と日本人―歴史を創った話し手たち (講談社学術文庫)

言論と日本人―歴史を創った話し手たち (講談社学術文庫)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。