花園兼定『異人の言葉』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

花園兼定『異人の言葉』

花園兼定

四條書房

昭和9.8.25

https://www.box.com/s/n6tltpymj4buyw9weop3

新聞語學

外國語世界

日本語を學んだ入々

 日本人の例

 最初聞く日本語

 日本語は柔い

 日本語の特色

 アストン文法

貌刺屈の事

ヒコサウの新聞

岸田吟香ヘボン

日本に於ける英字薪聞

 將來の發達の困難

 雜誌

 有力なる記者

 アドヴアタイザーとタイムス

 外字紙を通じての現象

黒岩涙香飜譯

蘭學から英學へ

福澤翁の學問

日本人の名前

ローマ字を探用したトルコ

 文盲者退治

 ローマ字採用の法律

 トルコ語の變化

 實行の方法

 ローマ字の歴史

イヱスペルゼン新世界語

自然言語

言語聯想の種々

雨森芳洲の話

表現形式

ラヂオドラマ

飜譯

譯語の歴史

私の考へてゐること

アメリカ移住文學

坪内博士の引退講義

ラフカヂオの手紙講義

モダン日本

廿年前後のエクゾティシズム

文章が分らない話

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。