舒言三転例

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

舒言三転例

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/50351380.html

舒言三転例 一巻一冊

 鹿持雅澄著。明治二十六年刊。舒言延言)は佐行・加行・波行に延びて働くが延びる行によって意味が違ふ。然るにこの事は古來何人も説いて居ないと云って「サ行の轉用」「ハ行の転用」(ヤ行ラ行の転用も同じ)「カ行の轉用」について例を擧げて論じたものである。本書が斯く上代語に於いて動詞がカ・サ・ハ、の三行に延びて活用するに隨って意味を異にすると云って例證してゐる點は注意すべきである。併し總べての延言がこの三行に必ず轉用する如く考へたことやヤ行ラ行の轉用がハ行と同じであると云って説明省略した事等は難點と云へる、猶舒言延言)については已に春庭が「詞の通路」に於いて更に委しい研究をなしてゐたが雅澄は之を知らなかったものと見える。

亀田次郎国語学書目解題」)

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/s2/kokusyo_si172.html

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。