聲調編

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

聲調編

せいてうへん

   聲調編  寫本二巻  關藤政方《マサミチ》

 我が音韻學に關する考論にて、發音の根元、音韻の沼革等を詳記す。附録には「男信質疑《ナマシナ   》」といふを添ヘたり、天保十一年庚子〔二五〇〇〕十二月の著。明治十年坂谷素の漢文序あり。

 ◎關藤政方備中笠岡の人にして、葭汀と號す。醫を以て家業とし、和歌を善くし、國學に該通し、最も音韻に精しかり。さきに「傭字例」を著し、本書は版刻に及ばず、後孫某寫正して宮内省に獻じたりといふ。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/s4/kokusyo_se019.html

せいてうへん  聲調篇 二卷

 關政方撰  阪谷素序〔漢文天保十一年十二月成る、寫本

 この書は、漢字の音韻の事を論じたるなり、悉曇并に韻鏡等につきてたてたる説なり、

 附録に男信質疑といふを添ふ、天保十四年四月妙玄寺義門法師に訪はれしとき、文通して互に問てんと約せしに、義門は國にかへりてほどなく身まかりしかば、遂にいたづらになりたれど、なほおもふまゝをしるしおくよしをいへり、       この書の序によるに、撰者の弟關藤藤陰といふ人、傭字例を刻し、またこの書をも刊行せんとせしが果さずして歿し、嗣子成緒遺命によりて書籍館に献じたるなり、書籍館は今の帝國圖書館の事なり、

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/sa/kaidai_sa099.html

 

http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007299490-00


謄写版

http://ci.nii.ac.jp/ncid/BN15863083

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。