翠香漁夫『鹿児島ことば』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

翠香漁夫『鹿児島ことば』

翠香漁夫戸田翠香

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1087160

鹿児島方言

明治22


『方言』2-9


いき

いこ

いがわ

いっせん

いしやう

いみしいひと

いま

いんま

いーすとー

いものからのかんぴやう

いあい

いさこた

いたってみもそや.

はがま

はしり

ばち〳〵け

はつでる

ばこう

はらぐい  ・

はい

はやすけ

ぱちをかぷる

ぱゝ

にせさ

にき

ぽい

ほたいころぶ

ほたいをちる

ほいどん

ほんづがかけた

ほんがどんだかさ

へすき

へこにせ

へい

へい

とりしまらん

どーぞたもんせ

どーそく

どじやいこじやいなんさんが

どくまん

どんこ

とんだふとかでとん

とごい

どしこ

ときび

とっぽ

どげん

ちゑもと

ちごさん

ちゑちよ

ちんかんげた

ちめたい

ちゑっちん

ちやせん

ちご

ちをちた

ちえすとー

ちゆちゆ

ちよか

ちやちよか

ぢっぐん

ぢきじん

ちょちん      ’

ちゃいご

ちん〳〵こばめろ

ちんこきっていれ

ちゃくわや〳〵

をとじい

をごじょ

をごじよだち、ちょとでち、みてみゃれ、さくらじま、づたんぱらから、つきがはっでた

をくろもの

おふろ

おしだしゃったが

おごいさま

おなをし

をもどし

をてもと

おはらかきゃったが

おすそさん

おかたりやはんか

おいどん

おいが

おいわ

をいどま

をとつ

をぜとこじや

をはこ

をさいじやんしたな

をもしでー

をはん

をづう

をちゅし

をしょをけぼん

おせんづさま

をどもん

をごい

をこじよををくかよめじよをおくか

おしょしょ

おこをたてる

おだいやめ

おしょけ

おすまし

おはんの

おんがめ

おもて

おかたじゃげな

おまんさま

おひんぼ

おいだご

おじやんすか

をいで

をせ

をまへのいふこちゃなつちやをらん

わがはい

わらいたぐる

わっこはどこかねー

わざいしこ

わせいも

わらべ

わくどう

がられる

かるかん

かん

がね

からいも

がっつい

かなちょか

かっかこうこう

からから

かんざけ

かぜひきがひっついた

かどいし

かのこ

がーろ

がーすっば

かくれご

かいしづら

かたせてたもさんか

かんかんぼ

がっこうせいたきた

よー

よしか

だんぽ

たんご

たましき〻

たかんばっち

たれ

だんざ

たちわけ

たびな

だれた

だてこき

だんかさ

そげなこつ

そじごあすかー

そや

そーぎょらんでもいじやおわはんか

そら

そま

そり

そーでどんからば

つろ

つろ

つごどん

づたんばら

つたっくるぞ

つぐわ

つがとだなし

づでかぎ

づでたけ

つくらとけい

つばくらめ

づんばい

ねょ

ねぶ

ねぶおいだが

なんちこつかい

なんきん

なんど

なきべす

うっすばてちぇばめきてねー

うつらん

うすにわ

うとっぱらがいたい

うそをひんな

のん

くねぎ

くつ

くしやく

くづ

くせみ

ぐわをぐわを

やにうち

やまおこ

まっときゃどもをかたりやはんか

まいぶるす

まねた

まだだぎつちょる

まなか

まだうごつごあんすぞ

まっじよ

まかりでます

けうは、いっぺこっぺさるいて、すったりだれて、ほろほっとした

げたをふむ

げゑのこ

けすいば

けこじよのよめ

けっさりいを

げきがふっさた

げしのこ

ぶゑんざらい

ふんごん

ふたぶら

ふてい

ふすま

ふだうち

ふろまめ

ふもと

ふし〳〵

ふた

ぶっくりげた

ぶゑんないを

こじゆさん

こぢいしよ

ここづいみました

ごとぜんのうござんしつろう

ごだどん

こけけ

こやいちばんうめど

ごれいする

ごれいをもうしあげやらんか

ころろしいしこ

ごんご

こんこんくゎいー

ごえー〳〵

こび

このすとくを

こゑ

こづころ

こんごにからふ

ゑんず

えのす

てばめく

てご

てのはら

でぐわん

てのげ

あらよ、んだもん

あざしこと

あいた〳〵

あいがきんたまはわざいうあにょ

あすけこ

あど

あまいばち

さるく

さしげた

ざっつ

さんしゅ

さす

きい

きっさねー

きのって

きのこ

こしばん

ぎをいわんすな

きど

きょくる

ゆがたぎる

ゆくさをじやんした

ゆたて

ぬらんつ

めしげ

めぐりのいいひと

めご

めげ

めいあけます

みんなば

みやんみやん

しちょる

じゆいし

しい

しょしゃもの

して

しらが

しょく

ししめげ

しょもぢ、よんけいこ

しんせん

しんしんぐゑ

びのとれん

びき

びんた

びんだれ

ひをこし

ひかき

ひる

ひざつぶし

ひつ

ひばる

ひため

びんたぶっと

ひたびら

もちけ

もっちけ

もがさつら

もっちょーじやったもし

もーよか〳〵

もーよかど

もがみ

せんしょする

せんじよ

せんもと

せご

せび

せびつ

せつち

すあり

ずつけん

ずし

んぼ

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。