紙魚室雑記

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

紙魚室雑記

城戸千楯紙魚室雑記

日本随筆大成1-1(新1-2)


巻之一上

○唐女為妻事

○大津

○死人を家の側に葬る事

○宇治橋を造

○堀川

○酒家の甕を滅する事

○大同類聚方

○始て日本紀をよましむ

○豊受宮前にて子を産む事

○茶

○大神宮祟

○伊豆の神異

○其身を量る事

奈良まろが家書

○石清水臨時祭

○天皇の風をいましめ玉ふ事

○うるさしといふ言のもと

○七日の中に一切経を見る事

○しこまろ

○憙哉の

○をかしおかしの仮名の説

○をかしおかしの弁

○すみれの考

○北野奉納百首

○同長歌奉納


巻之一下

○北野奉納百首長歌のつゞき

万葉集四の巻沫緒の考

万葉八巻伊賀登の考

○上に出たるおかしをかしのかなの論、其の藤垣内の辨

○おかしをかしの松屋翁の定

○フトマカリの写

○塙検校説話

義門子のかつてといふ詞の考

勢語つたかつらの説

○疑問会 並真渕翁の跡、

○石川年足墓誌並に伝

○くなかひ

○祇園執行之古記抜書

○わか学びのさま

○神拝

○一本薄の考

以文会の定書

関東御管絃目録

○円珠庵古今余材抄奥書

○晒井

○すごも

竹取物語てりはたゝきふりこほり

○桜木

○軽の橋

○よめあつかひ

○さゝれ

○ぶと草

○あふみふり

○都風楼の瓦

○三大人物故年月

○韃竹

○呼子鳥

○修学院御幸御製

○白毛降

○吉良舘図

○江州笠村石柱

○遊女高雄ののち


巻之二

源氏物語をよみて考たる事一つ二つ

○蛭子神像

○安徳帝入水におはしまさゞる事

○アラキソノ神

○三宝院宮、伊勢参をよめる長歌

○大地震

○コダニ

○つれ/\の讃にいへる事

○みちのくのまゆみのかみ 又ことたま

○近江辛崎の事

○しのぶしのぶるの事

○小町は一人にあらざる事

○矛由気の考

大江音人の伝

○掬香行の書ける、うたかたの池書抜

○同人のわすれ貝といふ巻の初編のをち/\

○久羅下那洲ナドノナスト云詞ノ考

○東屋ノ考

栄花物語源氏物語をはやくいひし事並に清少納言云々

○あらはに あらはゑ

土佐日記のはじめのところ

てにをは詞のやちまたの外に格ある事

○にほはせ にほはし

古今集ひをりの日

○あまのまてかたの考

八雲奥書

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。