紀田順一郎『落書日本史』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

紀田順一郎『落書日本史』

紀田順一郎

落書日本史

旺文社文庫

asin:4010643994

まえがき

I 落書の興隆 天に口ナシ

 一 笑いの勝利

 二 民の声は神の声

 三 源平落書

 四 鎌倉落書

 五 側面観太平記

 六 国盗り落書

 七 天下一統期の落書


II 江戸落書選 寸鉄人ヲ刺す

 一 戦国の余風

 二 祖法の遵守

 三 幕藩体制の動揺

 四 ロシアの船をまつの春

 五 天保落書


III 幕末落書篇 玉ヲ争ウ

 一 アメリカ様

 二 へっぽこ大名縞

 三 浪士暗躍

 四 君命軽く身命惜しむ

 五 朝敵名目


IV 落書の終焉 民権自由ノ世ノ中ニ

 一 開化諷詠版

 二 明治パンチの抵抗

 三 粋な自由の風がふく

 四 近代化と落書の衰亡


補論 近代諷刺精神の流れ

史料文献

あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。