紀田順一郎『日本語大博物館』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

紀田順一郎『日本語大博物館』

紀田順一郎

悪魔文字と闘った人々

第一章 幕末活字顛末記 活字に憑かれた人々 1

 忘れられた活字の碑

 オランダ渡来の印刷

 通詞の小遣い銭稼ぎ

 アナログからデジタルへ

 やはり西洋は進んでいた!

 活字読者の創生

第二章 舌字との密約 "荘厳なる森"に魅せられた人々 21

 "痛快な出版"を夢見て

 獄中で詩集を印刷

 個人印刷大震災を速報

 遙かな、夢幻の国への憧れ

 生活学と離れられない……

 活字という荘厳な大森林

 ワープロ、DTPに直結する喜び

第三章 起死回生の夢 昭和活字文化の七十年 41

 出版史上の奇跡『本当だろうね」

 蹴とばされた文庫本

 一夜で三〇〇万部

 活字文化の黄金時代

第四章 ことばの海に漂う 諸橋轍次大槻文彦 61

 基礎カード四〇万枚

 五万字の遺産

 大うそつき先生と呼ばれて

第五章 カナに生きガナに死す カナ文字運動の理想と現実 81

 漢字亡国論の登場

 信念のカナ文字論

 新しい文化運動を目ざして

 カナ文字論過去のものか

第六章 ローマ字国字論の目ざしたもの 田中館愛橘田丸卓郎日本のローマ字社 105

 異国船がもたらした二十六文字

 読みにくいのは慣れの問題

 文化的落差だけがのこった

第七章 日本語改造法案 人工文字に賭けた人々 129

 日本版シュヴァイツァーの"愛の文字"

 姦夫と姦婦を区別する

 世界絶無の大作

 ふしぎな情熱

第八章 漢字廃止論VS.漢字万歳論 国語表記論争の過去と現在 157

 世界最高の言語フランス語……

 固有名詞などは変えてしまえ!

 漢字万歳、万々歳

 つぎの"大改革"はいつ?

第九章 縦のものを横にする 横に書いた日本語の歴史 177

 横書きは外国語辞書から

 特攻隊の遺書横書き

 戦後の事務合理化と横書き

 ついに国語辞書横書き

第十章 営々と刻まれた一点一画 ガリ版文化の八十年 201

 明治のOA革命

 着々と進む改良

 孔版界に天才現る

 短かったガリ版黄金時代

 ガリ版の長所と短所

第十一章 五万字を創った人 石井茂吉写植の創世紀 225

 半生を傾けた文字の道

 活字なしで印刷する大発明

 先駆的な写植出版物

 最低でも五〇〇〇字は必要

 成熟期に入った写植文化

第十二章 毛筆から活字へ 邦文タイプライター開発夜話 245

 毛筆全盛の風潮に反逆

 邦文タイピストは職場の花 

 近代日本の発展にあわせて

 パーソナル用の開発と発明王の晩年

第十三章 日本語の工学的征服 ワープロ第一号機の誕生まで 265

 いまや活字文化に貢献

 壁を破った工学的思考

 製品化への困難な道

 ワープロ第一号機への賞賛と反発

第十四章 一億人データベース 電話帳過去・現在・未来 285

 いろは順だった電話番号簿

 なんと外字が五六〇〇

 とにかく多い鈴木、佐藤

 多様化する電話帳の未来

参考文献・取材協力 304

あとがき 306

索引 311

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。