米川明彦「卑罵表現も変わりゆく」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

米川明彦「卑罵表現も変わりゆく」

米川明彦(1999)

卑罵表現も 変わりゆく

『言語』28-11 大修館書店

一 卑罵表現の貧困な時代

二 衰退の理由

三 変わりゆく機能

前田勇『悪いことば・下品なことば』東京堂 1962

『言語生活』398「悪口」1985.2筑摩書房

奥山益朗『罵詈雑言辞典』?東京堂出版 1996

東照二『社会言語学入門』?研究社出版 1997

米川明彦『ジェンダーとことば――ゼミ学生報告書』私家版 1999

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。