簡野道明訂『用字便覧』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

簡野道明訂『用字便覧』

簡野道明

『用字便覧』

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1019649


あをし

あかし

あきらか

あく

あぐ・あがる

あざむく

あし

あたたか・あたたむ

あたふ

あたる

あづかる

あつし

あつし

あつまる・あつむ

あと

あなどる

あばく

あはれむ

あふ

あまねし

あまる・あます

あやし

あやふし

あやまる

あらし

あらたむ

あらはる・あらはす

あらふ

あり

いかる

いこふ

いさをし

いそがはし

いだく

いたす

いたむ

いたる

いつはる

いとふ

いぬる

いのる

いはふ

いふ

いましむ

いむ

いやし

いゆる

いる

いる

うう

ううる

うかがふ

うく

うごく・うごかす

うしなふ

うすし

うたふ

うつ

うつくし

うつす・うつる

うつす

うったふ・うったへ

うとし・うとんず

うばふ

うらむ・うらみ

うらやむ

うる

うるほす

うれふ

ゑがく

えらぶ

ゑる

おかす

おぐなふ

おくる

おこたる

おこる・おこす

おごる

をさむ・をさまる

をしふ

をしむ

おす

おそし

おそる

おつる・おとす

をどる

をはる

おふ

おほいなり

おほし

おもふ

おもむく

およぐ

およぶ

かかぐ

かかるかく

かく

かくる・かくす

かざる

かたし

かたじけなし

かつ

かなしむ・かなしみ

かなふ

かぬ

かはる・かへる

かふ

かへりみる

かへる・かへす

かんがふ

かりす

かる

かわく

きく

きざし

きす

きはむ・きはまる

きゆ・けす

きよし

きる

くさる

くじく

くだく

くだる

くつがへる・くつがへす

くづる

くはし

くはだつ

くむ

くらし

くらふ

くろし

けがる・けがす

けす

けづる

けはし

ける

こころ

こたふ

ことなり

ことに

このむ

こふ

こまか・こまやか

こゆ

こゆ

ころす

さいはひ

さかふ

さかんなり

さく

さけぶ

ささぐ

ささふ

さしはさむ

さす

さとし

さとる

さへぎる

さる

さわぐ・さわがし

しく

しげる・しげし

したがふ

したふ

しづか

しづむ

しめす

しりぞく

しる

しろし

すぐ・すごす

すくなし

すくふ

すすむ

すつ

すなほ

すふ

すぶ・すべる

すむ・すみか

せまし

せまる

せむ

そこなふ

そそり・そしり

そそぐ

そなふ・そなはる

そふ

そむく

たかし

たがふ

たくはふ

たけし

たすく

たたかふ

たたく

ただす

たつ・たゆ

たつ

たづぬ

たてまつる

たとふ・たとへ

たのしむ

たのむ

たひらか

たふとぶ・たふとし

たふる

たふる

たまふ

たもつ

たる

ちかし

ちかふ

つかさどる

つまる

つく

つぐ

つぐ

つくす

つくる

つつしむ

つとむ

つね

つまびらか

つらぬ

てらす

とし

とづ

ととのふ

とどまる

とふ

とほし

とほる・とほす

どもる

とりこにす

とる

ながし

なかば

なく

なげく

なし

なす・なる

ななめ

なほし

なやむ

ならふ

ならぶ

なるる

なんぢ

にぎはす

にくむ

にぐる

にごる

にはか

におっふ

にる

にる

ぬく

ぬすむ

ぬる

ねぎらふ

ねたむ

ねぶる

ねる

ねんごろ

のがる

のこる・のこす

のぞむ

ののしる

のぶ

のぼす・のぼる

のむ

のり・のっとる

はかる

はく

はじむ・はじめ

はしる

はす

はづ

はらふ

ひきゐる

ひく

ひくし

ひざまづく

ひそか

ひたす

ひとし

ひらく

ひるがへる

ひろし

ひろふ

ふかし

ふくむ

ふさぐ

ふす

ふせぐ

ふたつ

ふし

ふるし

ふるふ

へだつ

へつらふ

へる・へらす

ほがらか

ほこる

ほしいまま

ほむ

ほゆ

ほろぶ

まこと

まさる

まじはる

ます

まつ

まづし

まったし

まつる

まよふ・まどふ

まれ

まろし・まどか

みがく

みだり

みだる・みだす

みつ

みつ

みづから

みどり

みにくし

みる

むかふ

むくゆ

むさぼる

むすぶ

むちうつ

むなし

むらがる

めぐる

もっぱら

もてあそぶ

もとむ

もとる

もの

やす

やすし

やはらぐ・やはらか

やぶる

やむ

やむ

ゆく

ゆたか

ゆるし

ゆるす

よこしま

よし

よぶ

よむ

よる

よろこぶ

わかし

わかつ・わかる

わざはひす

わたる

わづらはし

わらふ

われ

助字

ああ

あに

あへて

あらかじめ

いかでか

いかん

いささか

いづくんぞ

いづれ

ゐながら

いはんや

いへども

いまだ

いよいよ

かつ

かつて

かな

かへりて

けだし

ここに

ことごとく

ごとし

ことに

こひながはくは

これ

さきに

しかるに

しきりに

しばしば

しばらく

しむ

すでに

すなはち

すべて

その

そもそも

それ

ただ

たちどころに

たちまち

たとひ

たまたま

たれか

ついで

つとに

つとめて

つねに

つひに

ところ

ともに

なかれ・なし

なに

なほ

なんなんとす

のみ

はじめ

はた

はたして

はなはだ

ひとしく

べし

ほとんど

まことに

まさに

ますます

また

みだりに

みな

むしろ

もし

もって

もっとも

もと

やうやく

やや

ゆゑに

ゆくゆく

よく

より

らる

わづか

歌語

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。