笹川種郎「黄表紙概説」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

笹川種郎「黄表紙概説」

http://uwazura.seesaa.net/article/2194210.html


 赤本に源を發して、黒本となり、青本黄表紙)となり。次第に巻数を増して、遂に合巻物となつたものを總括して草雙紙と云ふ。『近世物之本江戸作者部類』に、「この册子は表紙に至るまで薄様の返魂紙にして、悪墨のにほひある故に、臭草紙の名を負はしたり」とあるが、草雙紙のくさは臭ではなくして、軽少の意味で、軽い草紙と云ふ義に外ならない。

 赤本と云ひ、黒本青本と云ふのは、表紙の色から名を負うたもので、繪本に行成表紙かあるか如く、表紙から名を負ふものか、當時には相當にあつたのである。赤本は古くは延寶の頃から初めて、享保より寶暦頃まで頻りに刊行せられ、猶後年にまで及んでゐる。上方にては天和、貞享、元禄の間に井原西鶴浮世草子著作し、都の錦錦文流西洋一風、北條團水、青木鷺水、林文會堂、月尋堂が相ついで此種の作に筆を染め、江島屋其碩?八文字舎自笑がいはゆる八文字屋本を出して、文運甚だ隆盛であつたのに、江戸は猶揺籃時代で、八文字屋本の盛んであつた頃に、僅に赤本を出す體たらくであつた。赤本は子供のおもちや繪本で、繪を主にして、文章は之を説明した、極めて簡單なものに過ぎなかつた。其の説明も畫家自ら書いたもので、文章としては何等の取得がない。畫家としては、近藤清春、鳥居清満、羽川珍重、奥村政信、西村重長、鳥居清信、山本重信などの名が見えてゐる。半紙半截本のものと、猶一層小形のものと.豆本との三種類あるか、小本豆本の方が半紙半截本よりも古いらしい。小本には延寶板の『大福長者富貴物語』があり、畫は菱川師宣の筆に成つてゐるが『花咲爺』と同じものである。豆本の『桃太郎』は、一寸七分に一寸二分の小さな本で、近藤清春の畫、享保八年正月の出版、大傳馬町三丁目丸屋九左衛門の發行にかゝる。同じ豆本の『おぐりの判官』『四天王の始』など、いづれも享保九年正月の版で、書肆は山本九左衛門とあるが、山本は丸屋の姓である。此等の赤本は多くお伽噺や物盗しの類で、『桃太郎』『舌きれ雀』『枯木に花咲せ親仁』『猿蟹合戦』『文福茶釜』『鼠の花見』『名人そろへ』『日本馬揃』『船づくし』の如きものであるが『初春のいわひ』『五百八十七曲』『俳諧一字題地口』のやうな變り種もある。一冊の紙数は五枚であるが、間々二册本三册本もないではない。延享寶暦の頃からして、赤本は進んで黒本となつた。然し青本と云ひ、黒本と云ひ、唯表紙の色を異にするのみで、其初に於ては内容を異にしない。青本にて出版したものを黒本にて出すが如く、兩者は共通してゐた。唯赤本と異つて、進歩したところは、文と繪と相待ちて一篇を構成したのにある。作者としては丈阿、和祥、富川吟雪、山本義信、米山鼎我、鳥居清満、睦酒亭老人などの名が見えてゐて、作者又畫者を兼ねてゐたものが多い。『今昔浦島咄』『出入桃太郎』『雪中竹の子』『獅子大王』『王子長者』『大野長者』『金の長者』『鼠の縁組』『堅田の龜』『秀郷龍宮廻』『山姥』『狐と猿と間違噺』のやうなお伽噺もあれば『化物とんだ茶釜』『化物一家髭女』『化物三目大ほうい』『妖怪雪濃段』『化物車引』の如き怪談物、『殺生石水晶物語』『雨請小町名歌榮』『傾城嵯峨物語』『中將姫』『小夜中山』『佐用姫望夫石』『友切丸』『坂田金平』『臼井貞光』『織田又八』の如き傳説物、『妻懸稲荷出来』『大磯地藏咄』『義興矢ロ渡』の如き縁起物、『武田信玄初軍』『増補甲陽軍』『名勝智勇鉾』『百合若軍記』の如き軍記物、『實盛一代記』『義経一代記』『景清一代記』『鎌倉三代記』『大塔宮物語』『繪本太平記』『通俗三国志』の如き歴史物、『仇敵打出小槌』『敵討垣衣摺』『敵討美女窟』の如き敵討物、『傾城枕軍談』『男色鑑』『於萬紅』『男色太平記』『執着胴緋櫻』の如き艶物などがありて、其の範囲は相當に廣い。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。