笹原宏之『漢字に託した「日本の心」』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

笹原宏之『漢字に託した「日本の心」』

笹原宏之

NHK出版新書438

2014.6.10

https://www.nhk-book.co.jp/detail/000000884382014.html

はじめに

第一章 漢字はあんがい身近な文字である

 漢字文化圏の中の日本

 日本人当て字が好き

 漢字の成り立ちについての新しい解釈

第二章 日本人漢字との出会い

 文字をもった日本人──「倭」国から「和」国へ

 国字の誕生とその応用

第三章 誤字略字文字のうち

 つい書いてしまう誤字

 新聞に特有の文字用法

 手紙を書くときに使う漢字

 職業で特殊化した漢字

第四章 地名人名を表す文字

 地名を表す漢字

 土地ごとに多い名字を探る

 名前漢字に流行を見る

第五章 若者漢字漢字文化の未来

 漢字は消えてなくなるのか?

おわりに

主要参考文献

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。