竹島茂『舞台裏の現代史』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

竹島茂『舞台裏の現代史』

竹島茂

舞台裏の現代史』

速記

http://ci.nii.ac.jp/ncid/BN09749527

舞台裏の現代史 (1966年) (三一新書)

舞台裏の現代史 (1966年) (三一新書)


1 ミミズ文字のなぞ 速記符号

  尾行された買出し(9)

  スパイ容疑の「暗号」(13)

  符号の解読(17)

  「毎日式」の夢(25)


2 話し言葉と同じ速度で 速記の実用化

  言葉の早さを追いかける(35)

  プロへの道(41)

  田鎖綱紀の発明(45)

  先駆者たちの苦闘(49)

  速記名づけ親(58)

  講談速記本の登場(61)


3 帝国議会への採用 速記の権威

  若林の弟子たち(75)

  速記に対する不評(78)  

  未熟のゆえに(82)

  帝国議会をめざして(86)

  当局側の心配(91)

  金子堅太郎によるテスト(95)

  逐語記録の特徴(801)

  第一議会の景況(99)


4 議場騒然の中で1速記の偽造

  速記されなかった重要発言(311)

  速記者には大事件も小事件もない(")

  乱闘渦中での恐怖(621)

  速記者のストライキ (131)

  すっきりしない事態収拾(431)

  院外団の暴挙()

  結末(051)


演説速記録をめぐる裁判-速記の鑑定

  尾崎行雄演説(751)

  事件の顛末(261)

  問題の速記(561)

  速記の信憑性を鑑定(671)

  明治時代の先例(581)


座談会はつくられる 速記潤色

  座談会のおこり(191)

  『新潮』の創作合評(仍)

  佐藤春夫筆記者を叱る(102)

  行儀の悪いゲストたち(402)

  速記にあらわれる個性)


時代の歩みとともに 速記の宿命

  全盛時代講談速記(122)

  大阪速記界()

  速記じゃ手間がかかりすぎる(922)

  浪花節との勢力争い(532)

  新聞社の花形だった電話速記()

  速記大衆化時代速記者(842)


あとがき

人名索引

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。